個人型確定拠出年金(iDeCo)に関する情報をお届けするサイトです

メニュー
確定拠出年金とは / 個人型確定拠出年金(iDeCo(イデコ))の始め方 運用開始までを簡単解説!

【手数料等の税率については、2019年9月30日時点のものです。】

個人型確定拠出年金(iDeCo(イデコ))の始め方 運用開始までを簡単解説!

2017年1月の制度改正を機に、一部の自営業者だけでなく主婦・公務員などほぼ全ての現役世代が利用できるようになった「個人型確定拠出年金(iDeCo(イデコ))」

将来の資産形成に、利用を検討されている方も多いのではないでしょうか…?

しかし、いざ申込むとなると、

「どうすれば加入できるの?」
「手続きがよく分からない…」

と、不安に思う方も多いと思います。

そこで今回は、iDeCo(イデコ)の加入方法から運用開始までの流れを簡単に解説していきます。

まずは金融機関を決める!

iDeCo(イデコ)の加入にあたって、まずは金融機関(運営管理機関)を選ぶ必要があります。

運営管理機関は、iDeCo(イデコ)を取り扱う金融機関のことで、銀行、証券会社、保険会社などが該当します。

金融商品の種類、手数料、サポートなどに注目して選ぶと良いでしょう。

なお、運営管理機関は必ずしも既に利用している口座と同じ機関である必要はありません。「iDeCo(イデコ)に加入しようか迷っている…」という方は、まずは資料請求をしてから検討するのがオススメわからないことはコールセンターや金融機関の窓口で相談できます。

iDeCo(イデコ)加入~運用を開始するまでの流れ

ここからは、実際にiDeCo(イデコ)を申し込んで運用開始するまでの流れを4STEPにまとめて簡単に解説していきたいと思います。

① 加入申出書を作成

iDeCo(イデコ)の申込みでは加入申出書が必要になります。

選んだ運営管理機関から、「個人型年金加入申出書」を取り寄せ、必要事項を記入しましょう。

記入の際に「現在の被保険者の種別」「基礎年金番号」などの情報が必要となるため、事前にこうした情報は確認しておくとスムーズです。

関連記事:①加入申出書の書き方

② 勤務先へ依頼する

加入者が会社員の場合、加入申出書とは別に、勤務先に「事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書」の記入をお願いする必要があります。

金融機関から書類が届いたら、早めに担当部署に依頼をしましょう。

関連記事 :②勤務先への依頼方法

③ 書類審査

加入に必要な書類を郵送したあとは、運営管理機関による書類審査が行われます。

iDeCo(イデコ)は税金に関わる重要な制度なので、加入条件や書類不備などがないかどうか、厳密にチェックします。

そのため、書類を提出してから口座が開設されるまで1~2か月程かかります。

関連記事 :③書類審査について

④ 運用商品を選ぶ

口座開設が完了したら、あとはログインして運用商品を選ぶだけ

様々な運用商品の中から、自分の運用方針に合う商品を選びましょう。

選び方が分からない方は、下記の記事を参考にしてみてください。

リンク :④運用商品の選び方について

運用開始後は、定期的な見直しを!

申込みの手続きが完了したら、いよいよ掛金を拠出して、運用開始します。

開始後はよく運用状況を確認し、定期的な運用方針の見直しが重要です。

そうすることで、よりパフォーマンスの高い運用結果に導くことが可能です。

iDeCo(イデコ)は、掛金のすべてが所得控除となり、さらに運用益が非課税であるなどメリットが非常に多い個人年金制度。

いま将来の資産形成をお考えの方は、ぜひ、無理のない範囲でiDeCo(イデコ)を始めてみてはいかがでしょうか。

iDeCoについてもっと知りたい!お手続きをしたい方はこちら りそなのiDeCo資料請求はこちら 送料無料

【オススメ記事】
6大会連続でワールドカップ出場へ!サッカー日本代表とiDeCoの共通点
退職金に大きな差が出る確定拠出年金とは?
iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入資格とは
「こち亀」で考える節税の威力! もし両さんがiDeCoに加入したら?
何度でも伝えたい iDeCoは早くから始めた方がお得です!

執筆: 株式会社ZUU
確定拠出年金とは / 個人型確定拠出年金(iDeCo(イデコ))の始め方 運用開始までを簡単解説!