個人型確定拠出年金(iDeCo)に関する情報をお届けするサイトです

メニュー
確定拠出年金の基礎知識 / 企業型DCの資産は、転職したらiDeCo(イデコ)に移換できるの?

【手数料等の税率については、2019年9月30日時点のものです。】

企業型DCの資産は、転職したらiDeCo(イデコ)に移換できるの?

掛金を企業が負担してくれる「企業型確定拠出年金(企業型DC)」

既にこの制度に加入されている方や、これから加入を考えている方は、

「転職したら資産はどうなるのか?」
「iDeCo(イデコ)をはじめたい場合、移換できるのか?」

など、いくつか疑問や不安を抱えてはいませんか?

というわけで、今回は「企業型DC」の制度や資産の移換について解説していきます。

企業型と個人型の違い

「企業型確定拠出年金(企業型DC)」「個人型確定拠出年金(iDeCo)」は、その名前のとおり、どちらも「確定拠出年金法」によって定められた制度です。

共通する点は、
・資産運用で得た利益がすべて非課税
・受取方法が一時金と分割で選べる
・年金のため60歳までは解約不可

といった部分が挙げられます。

大きく異なる点は、
iDeCo(イデコ)は自分で掛金を拠出するのに対し、企業型DCでは主に会社が掛金や手数料を負担してくれるという大きなメリットがあります。

ただし、企業型DCの掛金額は、自分で自由に決めることはできません

※関連記事:企業型と個人型の違い

「転職」した場合の移換方法は?

転職前の企業型DCの資産を移換できるかどうかは、転職先企業の社内制度次第となります。

1.企業型DCを採用する会社に転職した場合

すでに制度を導入している企業に転職した場合は、転職前の企業型DCの資産を移換することが可能です。

また、企業の規約上でiDeCo(イデコ)の加入が認められている場合には、企業型DCでなくiDeCo(イデコ)に資産を移換することも可能です。

その場合、企業型DCとiDeCo(イデコ)の同時加入も可能となります。

2.企業型DCを採用していない会社に転職した場合

この場合は、転職先で企業型DC自体に加入することができないので、以前の資産を移換することはできません

ただ、個人でiDeCo(イデコ)に加入すれば、企業型DCの資産をiDeCo(イデコ)に移換することができます。

この場合は、企業とは関係なく個人で新たにiDeCo(イデコ)に加入する必要があるため、自分自身で申込手続きを行う必要があります。

「退職」した場合の移換方法は?

退職後に自営業者や専業主婦(夫)などになった場合は、

転職先に企業型DCがない場合と同様、自分自身で申込手続きをすれば、企業型DCの資産をiDeCo(イデコ)に移換することが可能です。

iDeCo(イデコ)に移換しないとデメリットだらけ?

なお、企業型DCの資産を資格喪失してから6か月間、移換の手続きをせずに放置していた場合、その資産は国民年金基金連合会へ自動移換されます。

この自動移換はデメリットが多く、自動移換時手数料4,348円に加えて月々52円の管理手数料がかかり、拠出も運用指図もできない形になってしまいます。

企業型DCに加入中の方で、これから転職や退職を予定している方は、ぜひ資産の移換やiDeCo(イデコ)の活用をオススメします。

>> 【無料eBookプレゼント】知っている人だけがトクをする「iDeCo大全」

【オススメ記事】
【マンガシリーズ第3話】iDeCoのメリットとデメリットとは?
iDeCo(個人型確定拠出年金)で節税できると聞いたけど?
iDeCoで税制メリットをGET!②:確定申告による税制メリットの受け方
つみたてNISA制度の開始はいつから?どうやって使えばいいの?
資産運用『超』入門シリーズ② そもそも「投資信託」って何?

執筆: 株式会社ZUU
確定拠出年金の基礎知識 / 企業型DCの資産は、転職したらiDeCo(イデコ)に移換できるの?