個人型確定拠出年金(iDeCo)に関する情報をお届けするサイトです

メニュー
資産運用・資産形成 / 金融庁が検討している「積立NISA」 メリット・デメリットを解説

金融庁が検討している「積立NISA」 メリット・デメリットを解説

tree

2014年1月より開始されたNISA(少額投資非課税制度)は、1年間に120万円(2015年12月までは100万円)を限度額とし、投資して得た利益や運用益が5年間非課税になる制度である。このNISAに、少額からの積み立てが可能な「積立NISA」の導入という新たな動きが出ている。 そこで今回は、積立NISAのメリットとデメリットについて紹介しよう。なお現時点(2017年2月)での報道内容のため、今後、制度内容が変更される可能性があることにはご留意いただきたい。 金融庁が検討している「積立NISA」とは 「積立NISA」は、長期・分散投資のメリットを十分得られるよう、現行のNISAよりも年間投…

会員専用の記事になります。
新規登録又はログイン
資産運用・資産形成 / 金融庁が検討している「積立NISA」 メリット・デメリットを解説