個人型確定拠出年金(iDeCo)に関する情報をお届けするサイトです

メニュー
資産運用・資産形成 / 確定拠出年金を運用するうえで知りたい「アクティブ運用」と「パッシブ運用」の違いとは

確定拠出年金を運用するうえで知りたい「アクティブ運用」と「パッシブ運用」の違いとは

401k

確定拠出年金を始めるにあたって、投資や資産運用の経験がない人にとってはわからない用語が多く出てきて困惑することだろう。しかし、確定拠出年金は、自己の責任において資産運用をしなければならない。 たとえば、「アクティブ運用」「パッシブ運用」という用語をご存じだろうか。資産運用の世界では、以前からこの2種類の運用方法について議論がなされてきた。確定拠出年金を活用して老後の準備をするためにも、その運用手法について理解を深める必要があるだろう。 アクティブ運用とパッシブ運用の違い 株式市場全体の動きを捉える指標として、よく利用されるものに「日経平均株価」や「TOPIX(東証株価指数)」などがある。こ…

会員専用の記事になります。
新規登録又はログイン
資産運用・資産形成 / 確定拠出年金を運用するうえで知りたい「アクティブ運用」と「パッシブ運用」の違いとは