個人型確定拠出年金(iDeCo)に関する情報をお届けするサイトです

メニュー
  
  
確定拠出年金の基礎知識 / 転職して企業型DCからiDeCoへ おさえておきたい注意点

現在システムメンテナンス中につき、下記サービスがご利用できません。
お客さまにはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

【対象サービス】新規会員登録ログイン各種ご登録内容の変更

転職して企業型DCからiDeCoへ おさえておきたい注意点

(写真=PIXTA

確定拠出年金(DC)のメリットのひとつであるポータビリティ(資産の移換(持ち運び))。企業型確定拠出年金(企業型DC)に加入している場合、転職先に企業型DCがなくても年金資産を個人型確定拠出年金(iDeCo)に引き継げるというものだ。しかし、転職あるいは退職しても手続きがよくわからず、そのままにしているという人も、多いのではないだろうか。そこで、今回は確定拠出年金加入者の転職時に焦点を当て、ケース別に注意点を紹介しよう。

確定拠出年金には「企業型」と「個人型」がある

確定拠出年金の種類には、「企業型DC」と「個人型(iDeCo)」の2種類がある。企業型DCは、企業が従業員のために実施する制度だ。一方iDeCoは、従来は自営業者や企業年金の無い企業に勤めている会社員のみが対象だったが、2017年1月から加入対象が拡大し、現在では公的年金被保険者であれば原則誰でも加入できる制度になった。確定拠出年金の資産は持ち運びが可能だが、手続きを怠ると国民年金基金に自動移換されるので注意が必要だ。

>> 【無料eBookプレゼント】知っている人だけがトクをする「iDeCo大全」

転職・退職、次のステップのケース別手続きとは?

(1)企業へ転職する場合
転職先での確定拠出年金その他企業年金制度等の実施状況によって、取るべき行動が変わってくる。

1. 転職先に企業型DCのみがある場合
原則として、年金資産を転職先の企業型DCに移換し、企業型DCの加入者として引き続き掛金拠出と資産運用をすることができる。

また、転職先の企業型DCにおいてiDeCoとの同時加入を認めている場合は、年金資産を企業型DCに移換するかiDeCoに移換するかを選択する必要がある。なお、iDeCoへの移換を選択した場合は、加入者(掛金拠出+資産運用)となるか運用指図者(資産運用のみ)となるかを選択する。この場合のiDeCoの拠出限度額は、年額24万円(月額2万円)である。

2. 転職先に企業型DCがなく他の企業年金制度がある場合
原則として、年金資産をiDeCoに移換し、加入者(掛金拠出+資産運用)となるか運用指図者(資産運用のみ)となるかを選択する。この場合のiDeCoの拠出限度額は、年額14.4万円(月額1.2万円)である。

3. 転職先に確定拠出年金がなく他の企業年金制度がない場合
上記②と同様、年金資産をiDeCoに移換し、加入者(掛金拠出+資産運用)となるか運用指図者(資産運用のみ)となるかを選択する。この場合のiDeCoの拠出限度額は、年額27.6万円(月額2.3万円)である。

(2)自営業者になる場合
退職すると当然ながら企業型DCに入り続けることはできないので、6か月以内にiDeCoに移換し、加入者(掛金拠出+資産運用)となるか運用指図者(資産運用のみ)となるかを選択する。この場合のiDeCoの拠出限度額は、年額81.6万円(月額6.8万円)である。

(3)公務員、専業主婦(夫)になる場合
上記(2)と同様、年金資産をiDeCoに移換し、加入者(掛金拠出+資産運用)となるか運用指図者(資産運用のみ)となるかを選択する。この場合のiDeCoの拠出限度額は、公務員は年額14.4万円(月額1.2万円)、専業主婦(夫)は年額27.6万円(月額2.3万円)である。

なお、国民年金保険料の免除措置を受けるなどiDeCoの加入資格がない場合は、「脱退一時金」として脱退時に貰うことも可能である。ただし、現在はiDeCoは原則として誰でも加入できるよう対象者が拡大されたため、脱退一時金の受給要件は厳格化されている。

手続きしなければどうなるの?

転職・退職後6カ月以内に何も手続きをしないと、企業型DCの年金資産は国民年金基金に自動的に移換される。これを俗に「自動移換」という。自動移換されると、運用指図ができないので資産が増えないばかりか、国民年金基金連合会で仮預かりされ、その間数千円の手数料が掛かるだけで、利息は付かない。また、自動移換したままでは、老齢給付金および障害給付金の受給資格に該当しても、それらの給付金を受給することができない。

加えて、自動移換中の期間は「通算加入者等期間」としてカウントされないため、老齢給付金の受け取りを開始できる時期が60歳よりも遅くなる可能性がある。自動移換された年金資産は、きちんと手続きを踏めばiDeCoに移すことが可能だが、この場合にも別途手数料が掛かってしまう。

退職・転職後に手続きをしないと、様々な不都合が生じるので、企業型DCの加入者資格を喪失したら、自働移換される前に手続きすることをおすすめする。万が一自動移換された場合には、なるべく早く転職先の企業型DCやiDeCoへ資産を移換するのがよいだろう。

>> 【無料eBookプレゼント】知っている人だけがトクをする「iDeCo大全」

【オススメ記事】
確定拠出年金の始め方 運用開始までを簡単解説!
退職金に大きな差が出る確定拠出年金とは?
確定拠出年金、金融商品にはどのような種類があるの?
「税金を軽減」したい会社員が知っておきたい○○とは?
会社員でも税負担を減らす制度、あなたはいくつ知っていますか?

執筆: 株式会社ZUU
  
確定拠出年金の基礎知識 / 転職して企業型DCからiDeCoへ おさえておきたい注意点