個人型確定拠出年金(iDeCo)に関する情報をお届けするサイトです

メニュー
確定拠出年金の基礎知識 / 資産運用で節税ができる? 種類や選び方のポイント

資産運用で節税ができる? 種類や選び方のポイント

tax

資産運用を行う際に、税負担を考慮することは極めて重要だ。銀行に定期預金を預けておくだけでも、利息に対して約20%の源泉分離課税が適用される。 資産運用方法と税金の申告方法を検討して適切な節税を行うことは、運用成果を高める上で不可欠だ。さまざまな資産運用方法があるが、資産運用の種類とそれぞれの税率から資産運用方法を考えよう。 さまざまな種類がある資産運用 税金に着目した場合、資産運用の方法は以下の4種類に大別される。 1. 預金、有価証券、FX・先物、金融類似商品 以下の所得には総合課税を選択する場合を除き、20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%、地方税5%)の税率が適用さ…

会員専用の記事になります。
新規登録又はログイン
確定拠出年金の基礎知識 / 資産運用で節税ができる? 種類や選び方のポイント