個人型確定拠出年金(iDeCo)に関する情報をお届けするサイトです

メニュー
特集・お知らせ / マネークリニック11月12日放送分「つみたてNISAの3つのメリット」

マネークリニック11月12日放送分「つみたてNISAの3つのメリット」

橋詰:ZUU online presents 笑って役だつマネークリニック。この番組では、経済金融メディアZUU onlineのサポートのもと、最新の経済や金融に関するニュース、資産形成、ライフスタイルに役だつ身近な情報まで、篠原さんと分かりやすく面白くお伝えしていきます。

篠原:みなさんおはようございます。ファイナンシャル・プランナーの篠原充彦です。

橋詰:まずは新コーナー、「知っとこマネーワード!」このコーナーは、最近ニュースや新聞で目にする、気になる経済用語やキーワードをピックアップし、わかりやすく解説します。

篠原:突然始まりましたね。「知っとこマネーワード」。

橋詰:金融にまつわるワードに絞り込んで、ピックアップして解説していただこうというコーナーです。篠原さん、記念すべき第1回の「知っとこマネーワード」には、これを選ばせていただきました。

篠原:橋詰さんが、独断と偏見で。

橋詰:これが気になります。「つみたてNISA」。

篠原:なるほどー、来ましたか、とうとう。

橋詰:iDeCoもあるし、NISAもあるし、つみたてNISAが始まって、イコカやピタパや、もう何がなにやらわからない(笑)。

篠原:そうですよね(笑)。

橋詰:というわけで、篠原さんに訊きましょう。

篠原:結論から言うと、このつみたてNISAは、いいです。

橋詰:いいですか、おすすめですか?

篠原:おすすめです。おすすめの理由が3つありまして、1つ目が運用益の非課税です。利息・配当・分配金などが20年間非課税、つまり0円ですよ、税金が。つみたてNISAを利用できる枠は年間40万円までなので、月額に換算するといくらですか?

橋詰:月額にすると約3万3,000円くらいですね。

篠原:約3万円、投資信託を毎月購入していくわけですね。そして、分配金は非課税。
そして、2つ目のメリットはですね、対象となる投資信託が厳選されていること。橋詰さん、日本には投資信託がどれくらいあるかわかります?

橋詰:そんな、いっぱいありますよー。もう選べないし、わからないですよ。

篠原:約6,000本もあるんです。日本で買えるやつだけでも。6,000本のなかから選べって、なかなか難しいですよね。

橋詰:素人には無理ですね。

篠原:ですね。なので、つみたてNISAでは、国が厳正な基準で、対象となる投資信託を選んでくれているんですよ。

橋詰:6,000本のなかから、国が何本に絞ったんですか?

篠原:いま決まっている時点では、約114本。

橋詰:そこまで絞ってくれている。

篠原:絞ってくれる、これ、すごいことですよ。

橋詰:これは、優良なものを選んでいるんですか?

篠原:もちろんです。20年間長く長期で保有できるものを、国が本気を出して選んでくれているというのが、2つ目のメリットです。

橋詰:なるほど。では、メリットの3つ目は?

篠原:この3つ目は非常に大きいと思います。つみたての威力っていうことですね。

橋詰:はい。なんなんでしょうね。

篠原:つみたてNISAというタイトルになっているんですけど、「つみたて」というのが、長期にわたって運用していくには効果的な投資法なんですね。

橋詰:そうなんですね。貯金のつみたてとはまた違うらしいですね。

篠原:また、違うんですよ。解説しましょうか?

橋詰:お願いします。

篠原:僕は貯金をする人。橋詰さんはつみたてNISAをする人にしましょう。

橋詰:つみたてNISA、はい。

篠原:つみたても、投資信託じゃ、ちょっとややこしくなるので。投資信託って最後転売しますよね。売却しますよね。売却目的で、ガソリンを毎月購入したというようなたとえでいきましょう。

橋詰:ガソリンを私は買う。篠原さんは?

篠原:僕は貯金をします。僕は1,000円、1ヵ月目銀行に貯金をします。

橋詰:これは月に1,000円。

篠原:月に1,000円。橋詰さんは同じ日に1,000円出すんですけども、1,000円ガソリンを買います。ガソリンって価格が変動しますよね。ということは、その買う日は、1リットル100円だったとしましょう。で、橋詰さんは1,000円を購入します。では、何リットル買えるでしょうか。

橋詰:10リットルのガソリンを私は買います。

篠原:10リットルを家に持って帰ってください。2ヵ月目。また僕は1,000円を銀行に入れます。

橋詰:毎月1,000円を使うわけですね、お互いね。

篠原:そうですね。で、橋詰さんは、同じ日にまた1,000円を買いに行くんですけども、この日はガソリンがやっぱり安くなっているんですね。価格変動しますので。高くなったり安くなったりします。で、1リットル50円だったとしましょう。

橋詰:ようけ買えますよ。1,000円だったら20リットル買えますね。

篠原:20リットル買えましたね。3ヵ月目、僕はまた1,000円を銀行に入れます。同じ日に橋詰さんは1,000円を持ってガソリンを買いに行くんですけど。

橋詰:ということは、篠原さんは3ヵ月目3,000円になっていますね。

篠原:銀行に入ってます。橋詰さんはまた、1ヵ月目と同じ料金の100円だったとしましょう。で、1,000円持っていきました。

橋詰:また10リットル買えますね。

篠原:買えます。さあ、ここで、僕は銀行の残高を見たら、3,000円入ってたんですね。橋詰さんは家に合計何リットルありますか?

橋詰:40リットルです、3ヵ月で。

篠原:40リットルありますよね。40リットルで、3ヵ月目の価格1リットルいくらでしたっけ?

橋詰:100円ですね。

篠原:100円ですよね。40リットルを転売しましょう、100円で。

橋詰:4,000円で売れますから、貯金をしている篠原さんより、1,000円多い状態ですね。

篠原:多い状態ですね。拠出額は?

橋詰:3,000円ですね。

篠原:3,000円ですよね。僕も3,000円ですよね。これがつみたてNISAの仕組みなんですよ。一定の期間で一定の額を購入し続けるんですね。

橋詰:ほお。

篠原:投資信託では口数って言うんですが、口数を毎月毎月一定額で増やしていくんですね。要は積み増ししていくというイメージを持っていただいたほうがいいと思います。

橋詰:これ、もしやりたいっていう人は、どうしたらいいんですか?これね、2018年の1月からですから。もう2ヵ月切っているんですよね。

篠原:そうです。ぜひ橋詰さんやってください。

橋詰:やりたくなりましたね。

篠原:僕はもうつみたてNISAの口座作りましたんで。

橋詰:あ、早いですね。口座を作るんですか?

篠原:まずは金融機関に行って、つみたてNISA口座というのを作ります。つみたてNISA口座。

橋詰:そのあとはどうなるんですか?

篠原:そのあとは、そこに入金をして、そのなかから、毎月3万円なら3万円、自分が拠出できる額を決めていただいて、そのなかから投資商品、投資信託を選んで、毎月毎月量を積み上げていく。

橋詰:口座を作っておけば、自動的にやってくれるということですね。

篠原:自動的にやってくれます。商品を選んだら自動的に買ってくれますので。

>> 【無料eBookプレゼント】知っている人だけがトクをする「iDeCo大全」

>> さらに詳しいイデコの解説は会員登録してチェック!

【オススメ記事】
確定拠出年金の始め方 運用開始までを簡単解説!
退職金に大きな差が出る確定拠出年金とは?
確定拠出年金、金融商品にはどのような種類があるの?
「税金を軽減」したい会社員が知っておきたい○○とは?
会社員でも税負担を減らす制度、あなたはいくつ知っていますか?

執筆: 確定拠出年金スタートクラブ編集部
特集・お知らせ / マネークリニック11月12日放送分「つみたてNISAの3つのメリット」