個人型確定拠出年金(iDeCo)に関する情報をお届けするサイトです

メニュー
特集・お知らせ / 長女のお受験、今のわが家でどこまで教育費にお金をかけられますか?

【手数料等の税率については、2019年9月30日時点のものです。】

長女のお受験、今のわが家でどこまで教育費にお金をかけられますか?

誰もが抱える家計の悩み。「貯金できない」「家計の赤字を何とかしたい」「老後資金が心配」など、編集部に寄せられた様々なご相談に、専門家がアドバイスしました。ぜひ今後の家計改善の参考にしてみてください。

相談者プロフィール

名前:シャチホコさん (仮名)
お住まい:愛知県名古屋市 持ち家(新築戸建て)
性別:女性
年齢:34歳
職業:会社員(メーカースタッフ職)
家族構成:夫(34歳・会社員)、子ども二人(8歳、5歳)

相談内容

最近、周りの友だちの影響もあってか、小学生の長女が塾に行きたいと言い出しました。親としても私立の中学受験を視野に入れてあげたいと考えています。県内には有数の中高一貫校などもあるため、子どもの教育を考えるとそういった選択肢を持たせてあげたいです。

ただ、調べてみると中高一貫校の場合は卒業までに6年間で1000万くらいかかると分かりました。単純計算で年間150万以上もお金がかかることになります。今は家計を引き締めているとはいいがたく、足りない分はボーナスをあてにしている状況です。しかし、頑張れば何とかなるのではと考えています。

仮に、上の子だけでも中学から私立に(下の子はどうやらスポーツとか芸術の方が向いてそうなので公立でもっとゆとりをもって)進ませる場合、下の子と合わせて年間160万円近くを教育費にあてても良いものでしょうか?自分たちの老後資金は大丈夫なのでしょうか?ちなみに夫婦二人とも会社に企業年金などの制度はありません。

家計データ

アドバイス①
まずは家計を見直して、教育費に回せる資金を考えてみましょう

ご相談のいちばんのポイントは、今の家計から、長女を私立の中高一貫校に進ませることが可能かどうかということです。ご本人も、もっと家計を引き締められると考えているようなので、どのあたりを見直したら良いかを探ってみましょう。

毎月の支出では、水道光熱費と通信費が合わせて約6万円と多いので、これを半分くらいに節約したいところ。雑費と趣味・教養・娯楽費の合計4万8000円も、2万円くらいは節約できそうです。教育費については、今後、長女が受験用の塾に通うなら、英会話をやめて、その費用を塾代に回しましょう。下の子の幼稚園代も無償化により負担がなくなるので、今と同程度の負担で納まるように工夫するといいでしょう。

そうすると、今の家計から月5万円くらいを捻出できるので、長女が小学生の間はこれを貯蓄しておきます。中学入学後に毎月の家計から学費に回すことができるのは、この分で年間60万円くらいです。

一方、ボーナスからの支出で気になるのは車関連費です。最低限の維持費は仕方ありませんが、自動車保険などは見直しの余地がありそう。レジャー・買い物の年間30万円も節約して、ボーナスからは手取りの半分の60万円を貯蓄に回すように心がけましょう。

アドバイス②
子どもは3歳違いで、教育費がかかる期間も長いことに注意して

このように家計を見直しても、長女の私立中学の教育費に充てられるのは、毎月の家計から捻出する年間60万円と、長女の児童手当12万円、ボーナスからの貯蓄の半分30万円として、年間100万円くらいが限度です。私立の中高一貫校でも、かかる費用は学校によりかなり開きがあるので、私立に進む場合でも、年間100万円程度で済む学校を選ぶほうがいいでしょう。

このご家庭の場合、下のお子さんは3歳違いのため、長女が高校進学時には下の子が中学進学となり、長女の大学進学と下の子の高校進学も重なります。下の子が公立でも進学時には一時的な支出がかさみますし、公立中学・高校では塾代などが増えることも考えられます。長女の私立進学後に、ボーナスから30万円を貯め続けたとしても、大学進学時までに用意できるのは今の貯蓄と合わせて500万円くらい。学資保険はそれぞれ18歳のときに100万円のため、長女は何とかなっても、下の子の大学費用は不足する恐れがあります。

下の子は5歳のため、2人の大学卒業までまだ17年間も教育費がかかり続けます。
今後、夫婦の収入が少しずつ増えたとしても、長女が中学から私立に進むと家計はぎりぎりとなり、厳しい状況が続くことも予想されます。それでも私立を選択するかどうかは、この数年内に夫婦でよく話し合い、子どもの意欲も確かめて検討するといいでしょう。

アドバイス③
夫婦の老後資金の積立は少しでも早くスタートしましょう

自分たちの老後資金についても心配との話。ご夫婦ともに会社員ですが、勤務先には企業年金の制度がないので、個人型の確定拠出年金iDeCoを利用して、老後資金の積立を始めることをおすすめします。勤務先に企業年金が何もない会社員の場合、月々の掛け金の限度額は2万3000円です。まずは、夫婦それぞれ月1万円からでいいので、少しでも早くスタートするといいでしょう。

ご主人は現在、ドル建ての終身保険に加入していますが、昨年加入したばかりのため、これをやめて、保険料の1万円をiDeCoの積立に回してもいいでしょう。その分、ネット生保の定期保険で1000万円ほど死亡保障を増額するといいですが、保険期間10年なら保険料は1300円程度です。奥さまの分は食費や自分の小遣いを節約し、月1万円を捻出してはいかがでしょう。2人とも60歳までに25年以上の積立期間があるため、手数料の安い株式のインデックス型投資信託などを選び、1年でも早くスタートすれば、複利効果で老後資金を増やしやすくなります。

iDeCoに積み立てる分は、60歳まで引き出せないため、無理のない金額で始めることが大切です。しかし、逆に言うと、その他の貯蓄とは分けて、老後資金として確実に残せます。それぞれ収入が増え、子どもの教育費の目途がついたら、掛け金を増やすこともできるので、それまでは月1万円からコツコツと老後資金作りに取り掛かりましょう。

アドバイスしてくれた人

ファイナンシャル・プランナー 井戸美枝さん
ファイナンシャル・プランナーとして家計相談などを行なうほか、社会保険労務士として年金・保険・介護などの公的保障にも詳しく、マネーサイトや新聞・雑誌・本などの執筆、講演のほか、テレビ・ラジオなどにも出演し、活躍中。

相談者より

頑張れば何とかなるかしら、と思っていましたが、やはり長女の教育費だけに年間150万円もお金をかけるのは、難しそうですね。下の子の教育費のことも考えておかないとならないし。まだ時間があるので、私立中学のことはいろいろ調べてみたいと思います。家計の見直しも老後資金についても、早めに取り掛かったほうがいいですね。iDeCoのことを聞いたことはありましたが、さっそく申し込んでみます。ありがとうございました。



執筆: 確定拠出年金スタートクラブ編集部
特集・お知らせ / 長女のお受験、今のわが家でどこまで教育費にお金をかけられますか?