個人型確定拠出年金(iDeCo)に関する情報をお届けするサイトです

メニュー
特集・お知らせ / 「美容」も「資産形成」も早いうちからのケアが大切 女子力向上セミナー開催報告

「美容」も「資産形成」も早いうちからのケアが大切 女子力向上セミナー開催報告

春の穏やかな夜風が吹くなか、東京・銀座で「美」と「資産形成」を掛け合わせたユニークな女性向けセミナーが行われた。2017年3月30日(木)の夜、銀座の目抜き通りに位置するワード資生堂ホールで開催された『楽しく賢く美しく!女子力向上セミナー ~メイクとお金に共通するコツとは!?~』 だ。

セミナーは2部構成で、第1部は、資生堂講師が短時間でできる化粧直しや、眉の描き方のポイントなどを教えてくれる。第2部は「お金も美容も早めのケアが大切 今から始める簡単資産形成のコツ」と題したパネルディスカッションだ。会場には30名を超える女性が集まり、和やかかつ華やかな雰囲気に包まれた。

【第1部】第一印象は数秒で決まる!?

資生堂講師によると、個人差はあるものの、人はものの数秒で第一印象を決定するという。第一印象でネガティブな印象を与えてしまうと、それをリカバリーするのに、本来であれば不必要なエネルギーを費やす。第1部では、アイブローレッスンツールが来場者全員に配られ、眉の描き方が実演された他、第一印象を良くする笑顔の作り方などもレクチャーされた。


(講師(資生堂首都圏支社/真坂様・宮﨑様)によるメイクアップセミナーの様子)

【第2部】「美容」も「資産形成」も早いうちからのケアを

一見、相関性が低いように思われる「美容」と「資産形成」だが、実は重要な共通点がある。それは「どちらも早いうち(=気づいたとき)からのケアが大切」ということだ。

第2部のパネルディスカッションに登壇したMoney&You取締役でファイナンシャル・プランナー(FP)の高山一恵氏と、りそな年金研究所の谷内陽一氏によると、夫婦の基礎年金と夫の厚生年金を受け取る公的年金モデル世帯の月収は21.8万円だそうだ。統計によると、ゆとりある老後生活を過ごすためには月34.9万円必要であり、この場合、月13.1万円の収支ギャップが発生する。娯楽や旅行を控えた平均的な生活費(月26.8万円)と比較しても、収支ギャップは月5万円ほど発生する計算だ。


(Money&You取締役 ファイナンシャル・プランナー 高山一恵氏)

さらに高山氏は「昭和41年4月2日以降に生まれた女性が公的年金を受け取れるのは65歳からであり、今後は更なる受給開始年齢の引き上げが予想されます」と話す。「自分は公的年金を何歳から受け取れると思いますか?」との質問に対するセミナー参加者へのアンケート結果でも、半数近くが「70歳から」と答えており、公的年金の受給開始年齢引き上げへの警戒感が窺える。


(公的年金を何歳から受け取れると思いますか?のアンケート結果)

老後の資産形成のための強力なツール「iDeCo」

そのようななか、近年、老後の資産形成として注目されているのが「iDeCo(個人型確定拠出年金・イデコ)」だ。個人が自分自身の老後資金を積み立てるもので、制度改正によって、2017年1月からほぼ全ての現役層が加入できるようになった。

特徴は3つの税制メリットだ。まず、拠出する掛金は全額所得控除の対象となるため、所得税が軽減される。課税所得が小さくなるので、翌年の住民税の軽減にも繋がる。次に、運用益も非課税となる。通常、運用益には約20%の税金がかかるが、iDeCoの資産から発生する運用益には適用されないため、複利効果を最大限発揮できる。最後に、一括(一時金)で受取る場合は退職所得控除、分割(年金)で受取る場合は公的年金等控除がそれぞれ適用されるなど、受取り時にも税制メリットがある。

iDeCoへの加入にあたっては運営管理機関手数料がかかることが一般的だが、りそな銀行であれば、2018年12月28日までに加入する場合は運営管理機関手数料が2年間無料となる(注:国民年金基金連合会および事務委託先金融機関への支払手数料は別途必要)。資産運用は、投資信託などを選択することができるが、定期預金など元本確保型商品を選択することも可能だ。高山氏も「銀行預金で受け取る利子にも約20%の税金がかかっています。iDeCoは運用益が全額非課税となるので、定期預金でも税金がかからなくなるのでオトクですよね」と述べている。


(軽快なトークで会場を盛り上げたりそな年金研究所 谷内陽一氏)

来場者に感想を聞いてみると「ファッション誌のようなリーフレットが素敵」「花柄のペットボトルや可愛いお菓子など細かい部分まで気が配られていた」「第1部のメイクアップ講座でリラックスできたので、第2部も気負いなく聞けた」「近々りそな銀行の店舗へ相談に行きたい」などの声が聞かれた。

また「資産運用は必要だと思う」と回答したのは全体の9割超、「所得税・住民税の軽減メリットが大きいからiDeCoに加入したい」と回答したのが全体の8割弱にのぼった。多くの来場者が、資産運用の重要性、そして資産運用するのならiDeCoがオトク、と感じ取ったようだ。

https://youtu.be/bvgIYpqdQBA

春は出逢いと別れの季節であり、新しいことを始めたり、将来のことを考えたりするのにピッタリだ。何をするにも「今」が一番若い。自身の美容健康に気をかかるとともに、iDeCoで将来への備えを始めてみてはいかがだろうか。

また、確定拠出年金スタートクラブでは、第2弾・第3弾の女子力向上セミナーの開催を企画している。セミナー開催情報を早めにゲットするならば、これを機に、確定拠出年金スタートクラブに会員登録してみてはいかがだろうか。(写真/文:確定拠出年金スタートクラブ編集部)

新規登録またはログインはこちら

執筆: 確定拠出年金スタートクラブ編集部
特集・お知らせ / 「美容」も「資産形成」も早いうちからのケアが大切 女子力向上セミナー開催報告