個人型確定拠出年金(iDeCo)に関する情報をお届けするサイトです

メニュー
確定拠出年金の基礎知識 / 公務員の資産運用に広がる新たな選択肢とは?

公務員の資産運用に広がる新たな選択肢とは?

老後を見据えた資産形成に関して、2017年1月から公務員にも新たな選択肢が与えられることになる。それが確定拠出年金(DC:Defined Contribution Plan)の個人型(個人型DC)だ。 果たして、個人型DCは公務員の資産形成にどのような変化をもたらすのか? 公的な老後保障の現状を改めて確認しつつ、個人型DCという新たな選択肢をどのように捉えたらよいか考えてみたい。 充実度の下がった公務員の年金 かつて公務員の年金は、最も充実していると言われてきた。20歳以上のすべての国民に加入が義務づけられている国民年金をベースに、公務員や私学教職員が加入する共済年金、さらに職域加算部分…

会員専用の記事になります。
新規登録又はログイン
確定拠出年金の基礎知識 / 公務員の資産運用に広がる新たな選択肢とは?