個人型確定拠出年金(iDeCo)に関する情報をお届けするサイトです

メニュー
  

特集・お知らせ / iDeCoのプロ・井戸美枝が教える「老後資金のホント」「iDeCoで自分年金」連載 第4回もっと安心!iDeCoの活用方法

現在システムメンテナンス中につき、下記サービスがご利用できません。
お客さまにはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

【対象サービス】新規会員登録ログイン各種ご登録内容の変更

iDeCoのプロ・井戸美枝が教える「老後資金のホント」「iDeCoで自分年金」連載 第4回もっと安心!iDeCoの活用方法

「一生お金に困らない人生を送りたい!」という方のために、ファイナンシャルプランナーの井戸美枝が老後のために本当に必要なことを「iDeCoで自分年金」として全8回連載でお届けします。

講師:井戸美枝
ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)、社会保険労務士。経済エッセイスト。社会保障審議会企業年金・個人年金部会委員。確定拠出年金の運用に関する専門委員会委員。Yahoo!ニュース 公式コメンテーター。講演や執筆、テレビ、ラジオ出演などを通じ、生活に身近な経済問題、年金・社会保障問題について解説している。

第4回「もっと安心!iDeCoの活用方法」

第4回はiDeCoで選べる商品のお話とiDeCoで資産を増やす方法をご紹介しましょう。

元本確保型と元本変動型

iDeCoで選べる金融商品は「元本確保型」と「元本変動型」があります。元本確保型の商品は定期預金と保険。元本割れのリスクはありませんが、リターンも期待できません。

一方、元本変動型は相場環境や運用状況に応じて元本割れするリスクはありますが、その分リターンも期待できます。

元本変動型の商品は投資信託です。投資信託には下の表のような商品があります。

投資対象のリスクとリターン

先ほど紹介した商品をリスクとリターンで並べると上のようになります。リスクとは値動きの幅のことで、リスクが高いほど価格の変動が大きくなります。iDeCoのメリットを存分に生かすためには長期に運用することで資産が増える可能性がある投資信託がおすすめです。

リスク

リスクは値動きの幅のこと。リスクが高いほど、価格の上げ下げが激しい商品です。元本確保型の定期預金や保険にはリスクはありません。

リターン

リターンとは投資対象から得られる利息や期待できる運用益のこと。元本確保型商品ほどリターンは小さくなります。

運用方針に合わせて配分割合を決めよう

iDeCoの口座開設が済むと次は毎月の掛金をどの商品に振り分けて運用するか「配分指定」を決めます。ここはお金に対する考え方によって選択肢が大きく変わるポイントです。

リスクもリターンもそこそこでいい、という場合は株式の割合が低い「安定投資」タイプの商品選びを。リスクをとってでも高いリターンを狙いたい!という方は株式の割合が高い「積極投資」タイプの商品選びをしてみましょう。いずれも自由に組み合わせられるので、参考までにご覧ください。

iDeCoの運用方針3つ

① 元本確保型である定期預金

上のシミュレーションは25歳から60歳まで毎月1万円積立てた場合です。
この場合の運用益は約7,340円。ここで注意したいのは、iDeCoは月に171円以上の口座管理手数料がかかること。35年ではなんと合計72,000円!

これではiDeCoはやらないほうがいいのでは?と思うかもしれませんが、所得税と住民税の税負担軽減ができるため、年収350万円の場合は合計約63万円お得になるので、iDeCoを利用するメリットは十分あります。

② リスクは少なく、その分リターンもそこそこの安定投資

リスクを抑えたい場合には、国内外のいろいろな商品をバランスよく分散させた「バランス型投資信託」を使った安定投資が選択肢になります。

上のシミュレーションは月1万円を35年積立てた場合です。過去30年間のデータを参考に運用利回り3%で試算しています。この時の運用益は約320万円!
さらに運用益は非課税ですし税金メリットもばっちりです!安定投資はドキドキせずに投資にチャレンジしたい方や長期間の収入にリスクがある自営業や片働きの夫婦に向いています。

③ リスクを取ってでもリターンを求める積極投資

積極的にリスクをとりリターンを求めるなら世界の株だけに分散投資をする「積極投資」も選択肢の1つです。

上のシミュレーションは月1万円を35年積立てた場合です。

過去30年間のデータを参考に運用利回り6%で試算しています。この場合運用益は約1000万円!値動きが激しいので、一時的に大きく値下がりしても耐えられる人向けです。

iDeCoに入るメリットを最大限生かすのであれば積立投資!

iDeCoで選べる投資対象は3つ
元本確保型の「1. 定期預金」「2. 保険」と
元本変動型の「3. 投資信託」でした。

配分について、iDeCoのメリットを最大限に生かすなら、ぜひ安定投資や積極投資の積立投資を視野にいれてみてください。

ただ定期預金や保険がダメ、というわけではなくiDeCoで実施するのであれば、という話です。

次回は第5回、よく質問される「iDeCoとつみたてNISAどっちがお得?」についてお話しましょう。

=iDeCoで自分年金=
第1回 お金に困らない!老後資金を作る5つの方法
第2回 iDeCoでお得に老後資金作り
第3回 簡単!iDeCoのはじめ方
第5回 どっちが得?iDeCo vs つみたてNISA
第6回 老後2,000万円必要ってホント?(近日公開予定)
第7回 “今”の現状を知っておこう(近日公開予定)
第8回 70歳まで働くライフプランニング(近日公開予定)

執筆: 株式会社ZUU

特集・お知らせ / iDeCoのプロ・井戸美枝が教える「老後資金のホント」「iDeCoで自分年金」連載 第4回もっと安心!iDeCoの活用方法