個人型確定拠出年金(iDeCo)に関する情報をお届けするサイトです

メニュー
確定拠出年金の基礎知識 / 老後資金まで手が回らない? 貯蓄に「自信が無い人」にとっておきの制度

老後資金まで手が回らない? 貯蓄に「自信が無い人」にとっておきの制度

DC

習慣というものは、そう簡単には身につかないものである。必要性は感じているものの、なかなかお金を貯められないという人は意外と少なくないだろう。コツコツとお金を積み立てていくことが苦手であったり、少し貯まるとすぐに引き出してしまったりして挫折するわけだ。

しかも、挫折を繰り返すと自己暗示にかかるかのように貯蓄に関して苦手意識を抱きがちであろう。だが、実は今までお金を貯める習慣が身につかなかった人でも、無理なく続けられる制度がある。それは、老後の資金を蓄えるために設けられた「確定拠出年金」と呼ばれる制度だ。いったいなぜ、同制度は貯蓄が苦手な人にぴったりなのかについて紹介しよう。

確定拠出年金制度とは?

確定拠出年金は月々の掛金(拠出金)が確定しているものの、将来受け取る金額は自分自身で選んだ金融商品の運用成果次第で変わってくるのが大きな特徴だ。運用の選択肢は預貯金から投資信託まで、リスクとリターンのバランスが異なる様々な金融商品が用意されている。

そして確定拠出年金には、勤務先が同制度を採用している人が加入する「企業型」と、自営業者や勤務先に企業年金制度のないサラリーマンが加入する「個人型」がある。後者については、2017年1月より専業主婦や公務員も任意で加入できるようになる。

転職した場合も、新たな勤務先が同制度を導入していればそのまま継続できるし、なければ「個人型」に切り換えることもできる。なお、「企業型」は勤務先が掛金を負担し、希望に応じて加入者自身もそれに上乗せできる。

さて、この制度の何よりの魅力は税制上の優遇にある。「個人型」の場合で月々2万3,000円、年間で27万6,000円までの掛金が所得控除の対象となり、課税所得から差し引くことができる。加えて、60歳までの加入期間中に運用によって発生した運用益も税金が差し引かれない。以下のパタ―ンでシミュレーションしてみよう。

◯ 個人型DCを利用、課税所得500万円(所得税率20%)、毎月の掛金2万3,000円(年間27万6,000円)
年間の税効果は、「積立金額×(所得税率+住民税率/一律10%)」の計算式で求めることができる。

今回のパターンで計算すると、「27万6,000円×(20%+10%)=8万2,800円」の税効果を享受することができる。

なお、残念ながら専業主婦や公務員については、現時点では確定拠出年金制度の利用は出来ないが、2016年5月にDC法が改正され、2017年1月から利用できるようになる。また、所得がなければ、掛金の所得控除メリットを受けることが出来ない点は覚えておきたい。運用で得られた収益に関しては税金が課されない。

とにかく、一般の金融商品で発生した利息や利益からは税金が差し引かれるだけに、こうした税制優遇は軽視できないだろう。掛金が控除された分だけ所得税や住民税の負担を抑えられながら、同時に運用面でも税制優遇がプラスに作用するのだ。

確定拠出年金のデメリットがメリットになる?

ただし、デメリットも存在する。あくまで老後のための資金作りを目的とした制度なので、原則として60歳まで解約・換金できないのだ。また、利用にあたっては一定の手数料がかかることもあり、運用状況によっては、掛金の総額を下回る年金しかもらえない可能性もある。商品選択時にどのように選べば良いのか悩ましいという方もいるだろう。

とはいえ、貯蓄が苦手な人にとって、この60歳まで解約・換金できないというデメリットはむしろ好都合だろう。60歳になるまで引き出せないため、否応なく老後のための資金を確保できることになるからだ。こうした有利な制度を利用して、自分自身の将来のために大きく前へ踏み出してみてはどうだろうか? この制度を活用することで、まとまった蓄えを確保できることになるだろう。

※当記事は2016年8月現在の税制・関係法令などに基づき記載しております。今後、税務の取扱いなどが変わる場合もございますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。

>> 月々5,000円から!アナタに合わせた「確定拠出年金」を詳しく知る

【オススメ記事】
確定拠出年金の始め方 運用開始までを簡単解説!
退職金に大きな差が出る確定拠出年金とは?
確定拠出年金、金融商品にはどのような種類があるの?
「税金を軽減」したい会社員が知っておきたい○○とは?
会社員でも税負担を減らす制度、あなたはいくつ知っていますか?

執筆: 株式会社ZUU
確定拠出年金の基礎知識 / 老後資金まで手が回らない? 貯蓄に「自信が無い人」にとっておきの制度