個人型確定拠出年金(iDeCo)に関する情報をお届けするサイトです

メニュー
確定拠出年金の基礎知識 / 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)で税制優遇ができると聞いたけど?

【手数料等の税率については、2019年9月30日時点のものです。】

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)で税制優遇ができると聞いたけど?

確定拠出年金制度の改正により、2017年以降ほぼすべての人に加入対象が拡大したiDeCo(イデコ)

制度改正をきっかけに年々iDeCo(イデコ)の注目度は増してきており、

特にiDeCo(イデコ)の税制優遇は非常に注目されています。

というわけで今回は、
iDeCo(イデコ)の税制メリットについて、掛金拠出時、運用時、受取時の3点に分けて解説していきたいと思います。

① 掛金を拠出した分、税金が軽減される

iDeCo(イデコ)で拠出した掛金は、その全額が所得控除の対象となり、所得税と住民税を軽減することができます。

実際に、どのくらいお得になるのかが気になる方は、確定拠出年金スタートクラブの「節税金額シミュレーター」の利用をオススメします。

節税金額シミュレーター

▼シミュレーション結果

例えば、30歳で課税所得が400万円の会社員が、毎月2万円をiDeCo(イデコ)に拠出した場合、毎年の節税額は72,000円となります。

所得税率20%、住民税率10%の税負担が軽減されることになり、実質年利は30%に相当する節税効果となります。

※拠出額の上限は職業によって異なります

② 運用益にも税金がかからない

iDeCo(イデコ)は所得控除が受けられるだけではなく、運用商品から得た利益がすべて非課税になります。

通常の運用商品の場合、運用益に対し一律で20.315%が課税されますが、iDeCo(イデコ)ではこれがゼロになります。

例えば、100万円で投資信託を購入し、1年後に110万円の価値になった場合、(利益は10万円)

通常は約2万円が税金として差し引かれ、取り分は約108万円となります。

しかしiDeCo(イデコ)なら、この約2万円分の課税が無いため、元本と利益を足した110万円をそのまま取り分にすることができるのです。

③ 「受け取り方」も3種類から選べる

さらにiDeCo(イデコ)は、受け取り方により適用される控除が異なるため、その点を工夫することでさらにメリットを受けられることができます。

具体的には、「年金」として分割で受け取ると「公的年金等控除」が適用され、一括で「一時金」として受け取ると「退職所得控除」が適用されます。(併用も可能です)

状況によって最適な受け取り方は異なるので、受け取りが迫ってきたタイミングで一度自身の状況を調べると良いでしょう。

※退職所得控除と公的年金等控除について

大きな税制優遇があるiDeCo(イデコ)で老後の資産形成を

掛金拠出時の所得控除だけでなく、運用益や受け取り時まで手厚く税制面で優遇を受けることのできるiDeCo(イデコ)。

税制メリットが大きい制度となっています。

ただし、iDeCo(イデコ)はあくまで年金のため、60歳までは原則解約できないことも知っておきましょう。

資産形成のための制度であり、税制優遇が長期で続くメリットは大きいので、ぜひiDeCo(イデコ)のご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

知らなきゃ損!節税できて、老後の資金にもなるiDeCo マンガでiDeCo 無料配信中!今すぐチェック

【オススメ記事】
確定拠出年金の始め方 運用開始までを簡単解説!
退職金に大きな差が出る確定拠出年金とは?
確定拠出年金、金融商品にはどのような種類があるの?
「税金を軽減」したい会社員が知っておきたい○○とは?
会社員でも税負担を減らす制度、あなたはいくつ知っていますか?

執筆: 株式会社ZUU
確定拠出年金の基礎知識 / 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)で税制優遇ができると聞いたけど?