個人型確定拠出年金(iDeCo)に関する情報をお届けするサイトです

メニュー
確定拠出年金とは / 春田「まとまった資金がないと投資する意味ないよね?」おっさんFP黒澤の見解とは?

春田「まとまった資金がないと投資する意味ないよね?」おっさんFP黒澤の見解とは?

(画像=確定拠出年金スタートクラブ編集部)

春田26歳(一浪一留W大卒マーケッター、社会人2年目)は、スポーツジムで知り合ったベテランFPである黒澤に資産運用の相談中。春田は、ある程度まとまった資金がないとあまり投資する意味はないと考えている模様。それを確認しようと、ジム帰りに思い切って黒澤を飲みに誘ってみた。黒澤の返答はいかに?

まとまったお金がないと投資ができない?

黒澤:なかなかいい店じゃない。よく来るの?

春田:ええ、半年前くらいに会社の同僚に教えてもらって。コストパフォーマンスがいいんですよ、この店。

黒澤:そうかそうか。ところで、投資についての相談って言ってたけどどんなこと?

春田:就職してから2年目に入って、今までは配属された部署で仕事を覚えるのに必死で、投資について考える余裕がなかったんです。でも先日、同僚数人で飲みにいったら、将来に向けて資産運用を始めているやつがいたんですよ。自分はまだ何もしていないので、ちょっと焦っちゃって。といっても、給料はまだそんなに高くないので、投資に回せる余裕なんてないし……。

黒澤:春田くんは、どのくらいの資金があれば投資が始められると思っているんだい?

春田:100万円とか1000万円とか、ある程度まとまったお金で一気に投資したほうがコスパがいいと思うのですが、違うんですか?

黒澤:1000万円まで貯めるのを待っていたんじゃ、なかなか投資は始められないね。確かに僕が君くらいの歳の頃は、「投資をするにはまずある程度タネ銭を貯めてから」なんて言われていたけど。今は「つみたてNISA」や「iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」など便利な制度があるし、少額からでも十分投資は始められるよ。

春田:そうなんですか!?大学生の時に興味本位で株式とFX(外国為替証拠金取引)はかじったんですけど、そのほかの金融商品はまだあまり知らないので、勉強してもっと知識をつけないといけないですね。

黒澤:金融商品の知識はもちろん大切なんだけど、その前に資産運用のイロハを知っておかないと。キミはまだ若いんだし、いまから基礎をしっかり固めておけば、これからの長い人生、しっかりとした資産運用ができるようになるよ。

春田:基本が大事ということですね。でも、その基本っていったい何ですか?

黒澤:その前に、大学の時にしていた株式とFXはすぐにやめちゃったって言ってたけど、どうして?

春田:どちらも興味本位で始めたんですけど、わりと短期間で価格が下がっちゃったりして。それで怖くなってすぐにやめてしまいました。

黒澤:多少の失敗は長い目で見ればいい経験だよ。実はその失敗の中に、いろんな投資のヒントが隠されているんだ。

春田:えっ、どういうことですか?

黒澤:例えば株式投資。投資の初心者がいきなり短期売買で利益を出すのは、とても難しいことなんだ。相場の動きに合わせて、的確に売買のタイミングを判断しなければならないし、銘柄選びにも頭を悩ませることになる。それに、短い間に何度も売り買いをするわけだから、その分、売買手数料もかさむしね。学生時代とは違って今は働いているわけだし、日中に株式の値動きを確認しているヒマなんてないよね。もちろん、デイトレーダーみたいに目の前にたくさんのモニターを並べて、その前に張りついている訳にもいかないし。

春田:確かに、それはそうですね。まぁ、学生の時もパソコンに張りついていたわけではなくて、なんとなく株価を見られる時だけ見ていたんですけど……。じゃあ、これからどういう投資をすればいいんでしょうか?

黒澤:さっきも言ったように、失敗から学ぶことさ。現在の春田君の環境は短期売買には向いていないし、銘柄選びに十分時間をかける暇もない。つまり、運用のスタイルは中長期、銘柄選びをプロに任せられる投資信託がオススメかな。もちろん、この先勉強と経験を重ねていけば、株式の個別銘柄への投資も考えていいかもしれないけど、どの銘柄の株価が上がるのかを予測することはとても難しいからね。

春田:確かにいまの自分には、どの株が上がるかなんて分からないですね。

ドル・コスト平均法でリスクを低減

黒澤:さっき、「投資するにはまとまったお金があったほうがいい」といったけど、一度に全ての資金をつぎ込むのではなくて、投資の時期を複数回にわけて定期的に購入していくことで、投資のリスクを減らすことができる方法があるんだ。

春田:複数回、定期的にですか。

黒澤:そう。“相場は生き物”なんて言われるくらい常に動いているものだし、その中でベストのタイミングで売ったり買ったりすることはすごく難しいんだ。時期を分けて、定期的に決まった金額でコツコツ投資することで、買い価格が平均化されるから値下がりのリスクを軽減できるんだよ。これを「ドル・コスト平均法」というんだ。この方法だと、相場の上下を気にせずに、長期で安定した運用が期待できるのさ。この前、分散投資の話をしたけど、これと同じように投資のリスクを軽減する方法の1つだよ。

春田:確かに、株をやっていた時は、買ったら下がって、怖くなって売ったら今度は上がって…なんてことがよくあったなぁ。価格がいつ上がって、いつ下がるかなんて全然分かりませんでした。

つみたてNISAやiDeCo(イデコ)をフル活用

黒澤:春田くんはまだ26歳なんだから、時間を味方につけて、じっくりと資産形成していくといいよ。つみたてNISAやiDeCo(イデコ)では、定期的に決まった金額を投資することができるから、さっき説明したドル・コスト平均法が使える。それに、税金の控除や優遇もあるんだから、使わない手はないよ。つみたてNISAやiDeCo(イデコ)でも投資信託が購入できるしね。私の若い頃からあったら良かったって思う。正直、うらやましいよ。

春田:つみたてNISAとiDeCo(イデコ)ってそんなにいい制度なんですね。

黒澤:そう。資産運用はとにかく早く始めるほうが有利なんだよ。長期運用では「複利効果」を大きく働かせることができるからね。

春田:複利効果?

黒澤:利息や配当を引き出さず、そのまま再投資に回すことで得られる効果のことさ。配当がもらえますってなると、それを現金でもらいたくなるものでしょ?でもそれをぐっとこらえて再投資することで、配当の分を差し引いて運用するより、利回りが高くなるんだよ。1回1回の金額は小さいかもしれないけど、それを長い時間続ければ結果が大きく変わってくるし、運用の期間が長くなればなるほど、それだけ複利効果も大きくなる。特にiDeCo(イデコ)は原則的に60歳になるまで引き出すことができないから、自然と複利で運用することになるし、そういう意味でもオススメの制度だね。

春田:へー、iDeCo(イデコ)って“使える”制度なんですね。

黒澤:iDeCo(イデコ)については詳しいから、わからないことがあったら何でも聞いてよ。

春田:はい、頼りにしてます!

>> 月々5,000円から!アナタに合わせた「確定拠出年金」を詳しく知る

【オススメ記事】
今さら人には聞けない「401k」のメリット・デメリットとは?
確定拠出年金、掛金に「上限」があるのをご存じですか?
転職時に後回しにしがちな「確定拠出年金」 あなたは大丈夫?
もしも『踊る大捜査線』の青島俊作と室井慎次がiDeCoに加入したら?
【無料eBookプレゼント】マンガでわかるイデコのすべて

執筆: 株式会社ZUU
確定拠出年金とは / 春田「まとまった資金がないと投資する意味ないよね?」おっさんFP黒澤の見解とは?