個人型確定拠出年金(iDeCo)に関する情報をお届けするサイトです

メニュー
資産運用・資産形成 / 純金積立に興味があるが、金ってどうなの?

純金積立に興味があるが、金ってどうなの?

「有事の金買い」と言われるように、どんな状況でも一定の価値を持つのが金(ゴールド)の魅力だ。金価格は今なお上昇トレンドで、1kgの金を購入するためには約550万円が必要となる。そんな金を少額から購入できるのが「純金積立」である。純金積立のテレビCMがよく流れているがいったいどんな商品なのだろうか。

金投資に関連する商品の種類

金関連の主な商品としては、金地金・金貨・純金積立・金ETFなどがある。金地金は純金を保管しやすいように固めたもので5gから1kgのバーがある。

金貨は、1トロイオンス、2分の1トロイオンス、4分の1トロイオンス、10分の1トロイオンスの4種類のサイズがある(1トロイオンスは約31g)。金ETFは金価格に連動する上場投資信託である。

そして毎月一定額ずつ金を購入して積み立てていく商品が「純金積立」である。投資金額は月々1,000~3,000円程度から始められる。購入代金は指定した金融機関の口座から引き落とされる仕組みだ。

毎月一定額で金を購入していくため、金価格が安いときには多くの量を、高いときには少ない量を購入することになる。平均購入単価を下げる「ドルコスト平均法」の効果が期待でき、購入のタイミングを気にする必要がない。

金価格の変動要因は?

金はインフレ(継続的な物価上昇)に強い代表的な商品である。そのため金価格は一般に、お金の価値がインフレの影響によって下がるような場面で買われる傾向にある。また、経済情勢が不安定になると資産を金に換える動きが起きやすくなる。経済の先行きが不透明で金融不安などが生じると、金が買われ価格は上昇する。つまり株価が大きく下がるような局面では、金価格は逆に上がる関係にある。

例えば、2001年の「米同時多発テロ」や2008年の「リーマンショック」の時など、基軸通貨であるドルの価値が下がるような出来事があると金が安全資産として買われる動きが見られた。

最近では「米中貿易戦争」や「米国FRBの連続利下げ」など、世界的な金融緩和の長期化が見込まれるなか、金に対する注目度がいっそう高まっている状況だ。

どこに行けば購入できるか、各社の主な違い

純金積立は地金商や貴金属販売会社、一部の証券会社、ネット証券でも取り扱われている。純金積立では年会費、購入手数料、売却手数料など所定のコストがかかる。会社によって異なるため各社調べてみるとよいだろう。購入手数料を無料にしているところもあるが、年会費などの別の部分でコストが発生することもある。また取扱会社により、積み立てた純金を金地金に交換できる会社もある。なかにはジュエリーなどと等価交換できるところもある。

利益が出た場合の税金は譲渡所得に

金を売却して利益が出た場合には「譲渡所得」の扱いとなり、もし損失が出たときは他の譲渡所得と損益通算することができる。

金の保有期間によって税金計算が異なる。保有期間が5年以内は「短期譲渡」、5年超は「長期譲渡」とされ、長期譲渡には課税対象となる譲渡所得の金額が半分になるという税金面での優遇がある。

なお譲渡所得には50万円の特別控除額があるため、売却利益が50万円以内なら税金がかからない。

【所有期間が5年以内の場合】
・短期譲渡所得=金地金の譲渡益−50万円(特別控除額)
※短期譲渡所得に対して20.315%の税金がかかる

【所有期間が5年超の場合】
・長期譲渡所得=(金地金の譲渡益−50万円)×1/2
※長期譲渡所得に対して20.315%の税金がかかる

例えば、所有期間が5年超、金の譲渡益が100万円の場合には長期譲渡所得は25万円となる。

100万円(譲渡益)-50万円(特別控除)×1/2=25万円

この25万円に対して20.315%の税率がかかるため、約5万円の税金を納める必要がある。

金は有事に強くインフレヘッジに有効であり、これまでインドや中国などでは宝飾品や産業分野での実需もある。その点も金価格の下支えとなり、上昇要因になっていると言えるだろう。

※当記事は2020年1月現在の税制・関係法令などに基づき記載しております。今後、税務の取扱いなどが変わる場合もございますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。

>> 月々5,000円から!アナタに合わせた「確定拠出年金」を詳しく知る

早く始めるのが断然お得!iDeCoのすべて マンガでiDeCo 無料配信中!今すぐチェック

【オススメ記事】
夫婦で考える老後の資産形成
つみたてNISAが投資初心者に向いている理由
つみたてNISA、「売り時」はいつ?
知っているようで知らない「名目GDP」と「実質GDP」の違い
最初の一歩をどう踏み出す!? 後悔しない資産運用の始め方

執筆: 株式会社ZUU
資産運用・資産形成 / 純金積立に興味があるが、金ってどうなの?