個人型確定拠出年金(iDeCo)に関する情報をお届けするサイトです

メニュー
特集・お知らせ / つみたてプラザ体験記Vol.2 普通の貯金ではない、iDeCoならではの税制メリット

つみたてプラザ体験記Vol.2 普通の貯金ではない、iDeCoならではの税制メリット

plaza

前回のVol.1では、個人型確定拠出年金(iDeCo)の制度概要と、お客さまから見たiDeCoのメリットについて紹介した。
そして今回は、「iDeCoで積み立てを行う場合、普通の貯金と、一体何が違うのか?」という疑問について解説をしながら、iDeCoの魅力についてさらに迫っていく。

iDeCoに加入すると住民税と所得税が減額される!?

「べつにiDeCoを使わなくても、毎月自分で貯金すればいいじゃないの?」と思われる方もいるかもしれません。

これは実際に私も気になったのですが、iDeCoで積み立てを行うと、普通の貯金にはない驚きのメリットがあったんです。

なんと、iDeCoに加入することで、私たちが毎年支払っている所得税と住民税を軽減することができるそうなんです!

「iDeCoへの加入」と「税金の軽減」・・・この2つがどのように繋がるのかわからなかったので、スタッフの方に尋ねてみました。

所得税と住民税が軽減される理由とは?

私たちが支払っている所得税や住民税は、額面の「年収」ではなく「所得」に対して税率がかけられます。所得とは、収入から必要経費や所得控除額を差し引いたもので、会社員の方だと、年収から給与所得控除や生命保険料控除などを差し引いた金額が「所得」になります。で、ここからが本題になるのですが、実はiDeCoで積み立てる掛金は、その全額が「小規模企業共済等掛金控除」として「年収」から控除することができるんです。

たとえば、毎月2万円の掛金を積み立てたとしたら、1年間で24万円になります。この2万円分だけ所得額が小さくなるんです。
現在の所得額が400万円の人だったら、iDeCoに加入して毎月2万円積み立てることで、400万円から24万円を差し引いた376万円が所得額になるのです。

所得税と住民税の額は所得に応じて決まるので、所得が多ければ多いほど所得税と住民税の負担が増え、手取りの給与も減ってしまいます。逆に、所得を少なくすることができれば、所得税と住民税の負担が減るというわけです。

年収450万円の会社員なら、年間最大5万5,200円分の税制メリットが受けられる!

上記の説明を聞いて「なるほど・・・そういうことか!」と思いましたが、だったら私は、どのくらい税制メリットがあるのかが気になってしまいました。そこで、スタッフの方に訪ねたところ、すぐにシミュレーションをしてもらいました。

年収450万円の会社員の方だと、最大で55,200円分の税金を減らせるそうです。実際のシミュレーション額を見て、思わず笑みがこぼれました(笑)。これは、会社員の私にとってはとても魅力的でしたね。

ここまで話を聞いて、iDeCoになぜ加入した方がいいのか、そのメリットがわかってきましたし、老後のことを考えたら早くから備えるに越したことはありませんが、普通に備えるよりも、iDeCoを活用して資産形成した方がいいと思いました。

ただ最後、私の中にある不安がわいてきました・・・

それは、iDeCoに加入した後、自分は果たして、うまく資産運用していけるかどうか・・・という不安です。投資や運用の経験がない私にとっては、少額とはいえども、やはり不安なものは不安です・・・

この点をスタッフの方に相談したところ、なんと、万全のフォロー体制があったのです!

※予約フォームはこちら:http://www.resona-tb.co.jp/401k/kojin/tsumitateplaza/

体験記Vol.3へ続く

>> さらに詳しいイデコの解説は会員登録してチェック!

【オススメ記事】
確定拠出年金の始め方 運用開始までを簡単解説!
退職金に大きな差が出る確定拠出年金とは?
確定拠出年金、金融商品にはどのような種類があるの?
「税金を軽減」したい会社員が知っておきたい○○とは?
会社員でも税負担を減らす制度、あなたはいくつ知っていますか?

執筆: 確定拠出年金スタートクラブ編集部
特集・お知らせ / つみたてプラザ体験記Vol.2 普通の貯金ではない、iDeCoならではの税制メリット