個人型確定拠出年金(iDeCo)に関する情報をお届けするサイトです

メニュー
  

特集・お知らせ / iDeCoのプロ・井戸美枝が教える「老後資金のホント」「iDeCoで自分年金」連載 第6回 老後2,000万円必要ってホント?

現在システムメンテナンス中につき、下記サービスがご利用できません。
お客さまにはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

【対象サービス】新規会員登録ログイン各種ご登録内容の変更

iDeCoのプロ・井戸美枝が教える「老後資金のホント」「iDeCoで自分年金」連載 第6回 老後2,000万円必要ってホント?

一生お金に困らない人生を送るために何が必要なのか、老後のために本当に必要なことをファイナンシャルプランナーの井戸美枝が「iDeCoで自分年金」として全8回連載でお届けします。

講師:井戸美枝
ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)、社会保険労務士。経済エッセイスト。社会保障審議会企業年金・個人年金部会委員。確定拠出年金の運用に関する専門委員会委員。Yahoo!ニュース 公式コメンテーター。講演や執筆、テレビ、ラジオ出演などを通じ、生活に身近な経済問題、年金・社会保障問題について解説している。

第6回 老後2,000万円必要ってホント?

まずは、老後までに本当に2,000万円必要なのか詳しく見てみましょう。

最近話題の「老後資金2,000万問題」ですが、これは夫婦が95歳まで生きる場合の試算額です。

高齢(60歳以上)シングルの場合は約1,600万円

シングルの場合は下の画像の通りです。

こちらは高齢(60歳以上)シングル家計の毎月の支出・収入をまとめたものです。
※総務省「2018年家計調査報告」参照

シングルの場合に受け取れる公的年金は月額約11万5000円。そのほかの収入を入れ、平均の支出と比較すると月約3万9000円の赤字になり、これが公的年金受給開始の65歳から100歳まで続くと年金だけでは足りない金額は約1,600万円です。

しかもよく見ると、住居費が月約1万8000円となっているので、賃貸を想定すると難しく、逆に食費やその他の消費支出はもっと抑えられるでしょう。

先ほどの支出と収入から試算し、年金で足りない金額をまとめると下の画像のようになります。

高齢夫婦世帯の場合は約1,700万円

次に高齢夫婦世帯についても同様に見ていきましょう。

高齢夫婦が受け取れる公的年金は月約20万4000円。そのほかの収入を入れ、平均の支出額と比較すると毎月の赤字は約4万1000円。100歳までの35年間だと約1,700万円です。

その内訳を見てみると、先ほど同様、住居費1万4000円だと賃貸の場合厳しく、食費やその他の消費支出についてはもう少し見直す余地がありそうです。

同じように支出と収入から試算し、年金で足りない金額をまとめると下の画像のようになります。

しかし、これらは生活費なので、長引いた医療・介護費などの臨時支出も考慮が必要です。

現役時代にどう貯蓄する?

老後を年金だけで暮らせるのであれば、老後に向けた貯蓄は必要ありませんが、見てきたように、そうはいかないのが現実で、やはり貯蓄は重要になります。
具体的に、老後に向けて現役時代に貯蓄をした場合としなかった場合で老後に使えるお金がどの程度変わるか見ていきましょう。

① 若いうちに思い切り楽しむ派

上の画像は若いうちの生活を思いっきり楽しむため、老後に向けて現役時代に貯蓄をしなかった場合の生涯年収イメージです。この場合は貯蓄がありませんので、老後に使えるお金は公的年金の月13万円のみです。
※60歳までの40年間、平均月収30万として計算

② コツコツ貯蓄して将来に備える派

上の画像は先ほどと同じ条件で老後に向けて現役時代に毎月の給与の10%をコツコツ貯蓄していた場合です。
貯蓄していた人は毎月使える金額がプラス4万7500円。やはり若いころからコツコツ貯めていくことが大事です。

約1,000万円を65歳までに貯めるには

老後に向けて貯蓄することの大切さはわかるけど、いつどのくらいから始めたらいいのでしょうか?

65歳までに約1,000万円を貯めるためのシミュレーションしたのが下の画像です。

25歳からスタートすれば、毎月約2万貯めれば良いですが、50歳からのスタートでは毎月約5万5千円貯めないと達成できません。

人生には老後の前にお金のかかるさまざまなイベントがあり、住宅ローンの返済、子どもの教育費なども考慮すると、少しでも早く貯蓄をスタートさせて毎月の貯蓄額を低くしたほうが、負担が少なくなります。

老後資金の準備は1日も早くスタートを

老後に2,000万円必要かどうかは人によって異なるので一概には言えませんが、老後を年金だけで暮らすことが現実的に厳しい可能性が高いことはおわかりいただけたかと思います。

老後にある程度充実した生活をするためにも、現役時代からコツコツと貯蓄することが大切です。

1日でも早くスタートすることで「時間」を味方にしていきましょう。
そうすることで、毎月の貯蓄額を低く抑えることができ、負担が少なくなります。

=iDeCoで自分年金=
第1回 お金に困らない!老後資金を作る5つの方法
第2回 iDeCoでお得に老後資金作り
第3回 簡単!iDeCoのはじめ方
第4回 もっと安心!iDeCoの活用方法
第5回 どっちが得?iDeCo vs つみたてNISA
第7回 “今”の現状を知っておこう
第8回 70歳まで働くライフプランニング

執筆: 株式会社ZUU

特集・お知らせ / iDeCoのプロ・井戸美枝が教える「老後資金のホント」「iDeCoで自分年金」連載 第6回 老後2,000万円必要ってホント?