個人型確定拠出年金(iDeCo)に関する情報をお届けするサイトです

メニュー
確定拠出年金の基礎知識 / 確定拠出年金の利用者必見 「アセットアロケーション」の考え方とは?

確定拠出年金の利用者必見 「アセットアロケーション」の考え方とは?

DC

確定拠出年金の魅力の一つに、自分で運用方法を選べるということがある。しかし「金融商品に詳しくないし、資産配分をどうしてよいかわからない」という人も多いのではないだろうか。そこで、今回は「アセットアロケーション」の考え方について紹介したい。

アセットアロケーションとは?

アセットアロケーションとは、「アセット=資産」を「アロケーション=配分」することで、リスクを低減しつつできるだけ多くのリターンを得ることが目的だ。

アセットアロケーションは、売買のタイミングや銘柄選びなどよりも投資パフォーマンスへの影響が大きく、投資の意思決定プロセスの中で最も重要なものと言っても過言ではない。専門家の中には、投資成果の9割がアセットアロケーションで決まるという人もいるほどだ。

投資では「ハイリスクハイリターン」「ローリスクローリターン」といわれるように、高いリターン(利益)を得るためには相応のリスクを取らなければならないのが原則だ。投資の際に、投資対象の組み合わせを工夫してリスク軽減を狙うのがアセットアロケーションだ。同じようなリターンやリスク特性を持つ投資対象のことを「アセットクラス」と呼び、できるだけ同じアセットクラスに偏らないように資産を分散させることがアセットアロケーションの基本となる。

「リスク」と「リターン」の考え方

これまで、「リスク」と「リターン」という言葉を使ってきたが、リスクとリターンは、必ずしも対の概念ではないことを理解いただきたい。リスクが損失でリターンが利益と思っている人も多いが、金融の世界ではリターンは収益だが、リスクは損失ではなく「変動幅(振れ幅)」になる。たとえば、100の資産が101~99の範囲で変動するものと、150~50の範囲で変動するものがある場合、前者の方がリスクは少ないことになる。結果的に100の資産が150になり利益が50出たとしても、その資産がハイリスクなことに変わりはないのだ。

アセットアロケーションの方法

アセットアロケーションは分散投資を計画的に行うことだが、その方法は、各資産のリスクとリターンを把握し、投資環境やマーケットの動向等を見ながら、資産毎の相関関係、運用目的や資産状況を考慮して決定することになる。このように書くと難しく思われるかもしれないが、視点としてはリスクをどれだけ取れるかを考えることが大事だ。

具体的には「投資対象」と「投資する地域」をベースに考えるとよい。投資対象というのは「株式」「債券」「不動産」「為替」「コモディティ(金、原油…)」などへどのような配分で保有するかということで、投資する地域というのは「日本」「アメリカ」「中国」などへどのように分散させるかということだ。

投資対象の分散の一例として、株式と金がある。株式は有事の際に下落する可能性が高いが、金は一般的に有事に強いので、金を保有していれば有事の際に損失を回避できる可能性があるという具合になっている。

また、地域分散の一例としては、円資産とドル資産への分散がある。為替の変動で円安になれば、円資産のみの所有だと価値が減少するだけだ。ところが、円資産とドル資産を保有していれば、たとえ円安によって資産が減少したとしても、ドル高ならばドル資産の増加分で補うことができるというわけだ。

理論的には「期待収益率」、「標準偏差」、「相関係数」などを組み合わせてアセットアロケーションを考えるのだが、運用のプロでない限りそこまでする必要はない。国内債券、国内株、外国債券、外国株などを基本に分散すればある程度は分散投資の効果が期待できる。それも手間と考えるのであればバランス型の投資信託もあるので、それを選択するのもありだろう。

ただ、アセットアロケーションは一度決めたらそれで終わりではない。投資後も資産の価格変動によって当初決めた配分割合は変わってくるので、その場合には当初決めた水準に戻すこと(リバランス)が必要になる。そのことだけは注意しておきたい。

アセットアロケーションは、方針自体を固める必要があるが、投資対象は様子を見ながら変更できるので、気にしすぎる必要はないだろう。確定拠出年金の場合には、投資による運用利益以外に税制面でのメリットもあるので、その効果も勘案しながら運用を考えてみてはいかがだろうか。

※当記事は2016年8月現在の税制・関係法令などに基づき記載しております。今後、税務の取扱いなどが変わる場合もございますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。

>> 月々5,000円から!アナタに合わせた「確定拠出年金」を詳しく知る

【オススメ記事】
確定拠出年金の始め方 運用開始までを簡単解説!
退職金に大きな差が出る確定拠出年金とは?
確定拠出年金、金融商品にはどのような種類があるの?
「税金を軽減」したい会社員が知っておきたい○○とは?
会社員でも税負担を減らす制度、あなたはいくつ知っていますか?

執筆: 株式会社ZUU
確定拠出年金の基礎知識 / 確定拠出年金の利用者必見 「アセットアロケーション」の考え方とは?