メニュー
    > >
  
  

まずはここを見るべし! 個人型確定拠出年金(iDeCo)の運用商品の選び方

掛金がすべて所得控除になり、さらに運用益も非課税になるなど、税制メリットが非常に大きい「個人型確定拠出年金(iDeCo(イデコ)」

年金としてだけでなく、「資産型形成手段」としてiDeCo(イデコ)を検討している方も多くいらっしゃると思います。

そこで今回は、

iDeCo(イデコ)の運用商品にはどんなものがあるのか、どのような選び方がオススメなのかを詳しく紹介していきます!

iDeCo(イデコ)の商品は、大きく分けると2種類

iDeCo(イデコ)の運用商品には、「元本確保型商品」「それ以外の商品」の2種類があります。

元本確保型商品

原則として満期まで保有した場合、元本割れリスクが無い運用商品です。リスクが少なく安定している反面、金利が低いので資産を「増やす」ことは期待できません。

具体的には、「定期預金」のように期間を定めて一定額を預け続けるタイプが主流です。

それ以外の商品

価値が変動するタイプの運用商品です。時価が増えたり減ったりするので多少のリスクはありますが、運用次第では資産を大きく増やせるメニューです。

具体的な商品としては「投資信託」が挙げられます。多少手数料はかかりますが、資産運用の専門家に株や債券など複数の資産を運用してもらうことができます。

どちらのメニューでも所得控除は受けられるので税制メリットは大きいですが、iDeCo(イデコ)は運用で得た利益が非課税となるので、より大きなメリットを得たい方は投資信託などで運用するのがオススメです。

投資信託にも様々な商品がある

「投資信託」では、以下のように選べる運用商品が多数存在します。

・資産分散型
・日本債券
・日本株式
・外国債券
・外国株式
・国内不動産(リート)
・外国不動産(リート)
・金[きん]

細かい利回りの差はありますが、基本的には「リスクが大きければ、その分リターンも大きい」と考えてよいでしょう。いわゆるハイリスク・ハイリターンというものです。

投資対象を比べた場合、一般的には、日本国内を投資対象とする運用商品はリスクが少なく、海外を投資対象とする運用商品の方がハイリスク・ハイリターンとなる傾向にあります。

また、市場の相場や企業の業績などによって”値動き”が発生する商品(株など)は、ハイリスク・ハイリターンである場合が多いです。

投資信託は、その商品がどんな性質なのかを把握してから選びましょう。

バランスの良い資産配分を!

投資信託では、商品を1つに絞ることも、さまざまな商品を組み合わせて配分することも可能です。

期待リターンが低い運用商品しか選ばないと、安定はしているものの大きく資産を増やすことが難しくなります。

反対に、期待リターンの高い運用商品だけに絞ってより大きな利益を狙うのもいいですが、その分リスクも大きくなります。

資産運用の世界では「分散投資」が基本。期待リターンの高い運用商品で大きな利益を狙いつつ、期待リターンは低いが安定的ない運用商品にも資産を割り当てておいてリスクを分散させておくことが重要なのです。

例えば、ある30代の人がiDeCo(イデコ)で資産運用する場合、

元本確保型とそれ以外の比率は6対4、日本株式と外国株式の比率は1対1と、バランスの良い配分であるといえます。

しかし、この人がiDeCo(イデコ)の他に1,000万円の預金を持っていた場合は、話が変わります。

その場合、

安全資産の合計は1,600万となり、全体の8割が安全資産に偏っていることになります。この場合の資産配分は、バランスが良いというより、相当な「安定志向」であるといえます。

このようにiDeCo(イデコ)では、自身の運用方針に合わせて様々な運用商品を組み合わせることができます。

iDeCo(イデコ)のご利用を検討されている方はぜひ一度、運用商品について調べてみてはいかがでしょうか?

【オススメ記事】
確定拠出年金、金融商品にはどのような種類があるの?
iDeCoを実際に運用してみよう ~保守的ポートフォリオ編~
iDeCoを実際に運用してみよう 〜積極型ポートフォリオ編〜
iDeCoで実際に運用してみよう! 〜バランス型ポートフォリオ編〜
りそな銀行のiDeCoの商品ラインナップにもある「資産分散型」とは

執筆: 株式会社ZUU