個人型確定拠出年金(iDeCo)に関する情報をお届けするサイトです

メニュー
確定拠出年金とは / 30代におすすめしたいiDeCo(イデコ)の活用法

30代におすすめしたいiDeCo(イデコ)の活用法

(写真=goodluz/Shutterstock.com)

30代は、仕事も充実して収入も増えてくる年代だ。私生活では、結婚や子どもの誕生、マイホームの購入など、ライフイベントに変化が多くなるのと同時に、20代に比較して出費が増える年代でもある。

しかし、周囲のことに目を奪われてしまい、肝心な自分の老後に対して目をそらしがちなのもまた30代の特徴だといえる。仕事や家庭にかまけているうちに、あれよあれよと言う間に40代になってしまい、気づいたときには老後の備えはまだ何もしていなかったという事態だけは、何としても避けたい。そこで今回は、30代のための老後の準備についてお伝えする。

30代は、将来と現在を上手にやりくりする

30代になると、これまでにはなかったさまざまな出費が生じてくるが、中でも人生で一番大きな買い物といわれるマイホームの購入を検討する人もいることだろう。マイホームは、実りある人生を送るためには大切なものだが、一方で、資産としての価値は年々目減りしていってしまう。だからこそ、充実した老後を満喫するため、将来にも備えた資産運用もぜひ考慮しておいて欲しい。

30代は、気力・体力ともに充実した、働き盛りの時期だ。収入もアップしてゆく時期であるため、ライフプランとして、税制メリットを活かした資産形成も併せて考えてゆきたい。そのためには、iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)の活用をおすすめする。

iDeCo(イデコ)は、掛金を自分で積み立てるとともに運用商品を自分で選ぶ私的年金制度の一つだ。税制メリットのみを考慮するのであれば、定期預金や保険のような元本確保型商品のみを選ぶという手法もないわけではない。しかし、まだ働き盛りだからこそ、元本確保型商品に加えて、投資信託などリスク性商品での運用も併せておすすめしたい。

>> 【無料eBookプレゼント】知っている人だけがトクをする「iDeCo大全」

iDeCo(イデコ)30代におすすめの運用方針① 低リスクで運用したい方向け

30代は、ライフプランについて敏感になってくる時期だ。30代に入ると、自分や周囲の人が家庭を持ったり、昇給や出世したりする。そうすると、どうしても生活や人生について色々と考えざるを得なくなることだろう。具体的には、貯蓄はもちろん、万一の際を考えて保険に加入したり、また積極的に有価証券を保持し始めたりしやすい年代でもあるのだ。

だからこそ将来を考える上で、節税と老後への備えを兼ねたiDeCo(イデコ)への加入は、ライフプランニングの要となることは間違いない。では、iDeCo(イデコ)ではどのような運用を目指すべきなのだろうか。

もしすでに株式やFXなどを自分で積極的に行っていたり、または今後扱ってみたりすることを考えている人であれば、iDeCo(イデコ)での資産運用は、リスクを抑えながら許し得るリスクの範囲で投資信託を選びたい。一例としては、定期預金などの元本確保型商品を含めつつ、市場の平均に近い運用成績を目指す投資信託(パッシブ型)を採り入れるといったものが挙げられる。

この場合、たとえ個人で投資した個別株やFX、仮想通貨などで損失を被ったとしても、iDeCo(イデコ)の運用は安定している上、老後までの30年間という期間コツコツと運用することができるため、堅実な運用成果を得やすくなる。つまり、自分で有価証券を扱っている人にとってのiDeCo(イデコ)は、最終的に自分の人生を支えてくれるセーフティネットの役割をも果たせるというわけだ。

iDeCo(イデコ)30代におすすめの運用方針② リスクを取って運用したい方向け

上記とは異なり、自分で積極的に投資をしていない人であれば、iDeCo(イデコ)で多少のリスクを取る運用をしてもいいだろう。とはいえ、仕事に子育てに何かと忙しい30代は、「バランス型投資信託」の利用を選択肢の1つとして考えることをおすすめする。

バランス型投資信託では、あらかじめ資産配分(アセット・アロケーション)が決められている。例えば、投資信託の設定当初、国内株式、国内債券、外国株式、外国債券に25%ずつ配分している商品があったとしよう。基本は25%ずつという配分だが、運用中に国内株式の成績が悪く、外国株式の成績が良くなった場合、自動的に国内株式の配分比率を下げ、外国株式の配分比率が上がる。

バランス型投資信託では、自動的に配分が変わるリバランスが取り入れられている。自ら商品の預け替えをすることないため、時間のない30代には大変便利な運用商品ではないだろうか。出費も多く、時間もない30代だが、iDeCo(イデコ)を利用しながら賢く老後の資金の準備を始めたいものだ。

>> 【無料eBookプレゼント】知っている人だけがトクをする「iDeCo大全」

【オススメ記事】
今さら人には聞けない「401k」のメリット・デメリットとは?
確定拠出年金、掛金に「上限」があるのをご存じですか?
転職時に後回しにしがちな「確定拠出年金」 あなたは大丈夫?
もしも『踊る大捜査線』の青島俊作と室井慎次がiDeCoに加入したら?
【無料eBookプレゼント】マンガでわかるイデコのすべて

執筆: 株式会社ZUU
確定拠出年金とは / 30代におすすめしたいiDeCo(イデコ)の活用法