個人型確定拠出年金(iDeCo)に関する情報をお届けするサイトです

メニュー
  
  
資産運用・資産形成 / 50歳独身女性、貯金ほぼゼロなのに年金は月12万で愕然…今からできる老後資金対策

50歳独身女性、貯金ほぼゼロなのに年金は月12万で愕然…今からできる老後資金対策

(画像=ma-bo/stock.adobe.com)

あなたは、自分が将来もらえる年金の金額を知っていますか?「受け取るのは、まだまだ先」という方もざっくりとでも把握しておくと、将来に向けていくら貯めておけばいいか計画を立てることができ、漠然とした不安の解消につながります。

自分の年金額を50代になって初めて知り、準備不足に気付いたAさんの事例を見てみましょう。

自分の年金受給額を知ってびっくり!

Aさんは、地元の中小企業で働く50歳の独身女性です。勤続30年を迎えて定年が見えてきた頃、自宅に届いた「ねんきん定期便」が目に留まりました。

「そろそろきちんと考えたほうがいいかな」と思い、届いた書類を読んだAさんは、自分が老後に受け取れる年金額が月12万円であることを知ってびっくり。何となく、「もっともらえる」と思っていたのです。

独身暮らしを謳歌していたAさんには、貯金がほとんどありません。家賃の支払いもあるので、月12万円では暮らしていけません。退職金もあまり期待できません。

頼れる人のいない「おひとりさま」の老後生活で、「途中でお金が尽きてしまったら……」と考えると急に不安になってしまったAさん。焦って何とかしようとしますが、長年お金に無頓着だったため、生活水準を落とすことがなかなかできずに困っています。

今からできる老後資金対策

定年が迫っていても、老後に向けてできることはあります。あきらめずに、以下のことを試してみましょう。

  • 生活費を抑える……まずは固定費を見直し!
  • 貯蓄を増やす……先取り貯蓄やiDeCoに挑戦!
  • 収入ダウンを防ぐ……できるだけ長く働き続ける!

老後対策というと「貯蓄」が頭に浮かぶかもしれませんが、コストをかけなくても幸せに過ごせる心や環境を手に入れる、年齢を重ねても楽しく働けるスキルを身に付けておく、なども立派な老後対策ですよ。Aさんはまだ50歳なので、準備する時間はまだ十分あります。

幸せな老後を迎えるには、計画的な将来設計が大切

年金額は自分の仕事状況や制度改正によっても変わるため、現在の試算額になるとは限りません。とはいえ、年金について何も知らないままでいると、自分の老後が近づいてから後悔してしまうかも。

理想の老後生活をイメージして、かかるお金ともらえるお金を具体的に考えて、今できることから少しずつ始めてみませんか?

早く始めるのが断然お得!iDeCoのすべて マンガでiDeCo 無料配信中!今すぐチェック

>> 月々5,000円から!アナタに合わせた「確定拠出年金」を詳しく知る

【オススメ記事】
今さら人には聞けない「確定拠出年金」のメリット・デメリットとは?
知っているようで知らない「名目GDP」と「実質GDP」の違い
会社が倒産しても退職金を貰える方法、ご存知ですか?
高額療養費の注意点「月またぎの入院」はできるだけ避けたい理由
死ぬまでお金に困らないための「4%ルール」はこれからも通用するのか?

執筆: 株式会社ZUU
  
資産運用・資産形成 / 50歳独身女性、貯金ほぼゼロなのに年金は月12万で愕然…今からできる老後資金対策