個人型確定拠出年金(iDeCo)に関する情報をお届けするサイトです

メニュー
    > >
  
  

貯蓄上手な人が絶対にしない5つのこと

(画像=monet/stock.adobe.com)

収入は同じでも、貯蓄ができる人とできない人がいます。両者には、どのような違いがあるのでしょうか。普段の生活の中で、貯蓄ができる人が絶対にしないNG行動5つご紹介します。

1.「安いから」という理由で物を買う

バーゲン、タイムセール、まとめ売り割引、福袋。これらは一見安くてお得に見えます。でも、使い方を間違えると逆効果です。「安いから」とたくさん買ったものの、全部使い切れずに結局捨ててしまう、使わないままタンスに眠っているものがある。これらは、貯蓄ができない人の特徴です。

2. 財布の中が「ごちゃごちゃ」なまま放置する

紙幣や小銭だけでなく、大量のレシートやポイントカードなどでパンパンに膨れ上がったお財布を持っている人がいますが、それは「お金に無頓着」である証拠です。

貯蓄上手さんは、お金やお財布を大切に扱う人や、日々レシートを取り出して家計簿をつけ、お金と向き合う時間を取っている人が多いです。お金のリテラシーが高く、キャッシュレス決済中心でミニ財布だけで事足りるスマートな暮らしをしている方もいます。

3. 何でも人に合わせようとする

「~が流行っているから買おう」「みんながやっているから私もやろう」「二次会に行く流れだから自分も……」。このように自分の行動を他人任せにしている人は、お金が貯まりにくいので要注意です。自分自身の価値観を大切にして、自分が心から求めていることにお金を使うようにしたいものです。

4. 深夜にネットショッピングを楽しむ

仕事から帰ってきて一息ついて、寝る前にネットショッピングを楽しむ方がいます。でも、夜は疲れや眠気などで判断力が鈍りやすい時間帯なのです。

気軽にポチっと買ってしまって、「これ、別に買わなくてもよかったな……」と後悔しないためにも、夜は買い物かごに入れるだけにして、数日経って冷静なときに改めて買うかどうか判断しましょう。これは、ネットショッピングに限らず衝動買いを防ぐ秘訣です。

5.「貯蓄はお金が余ったときにするもの」と思っている

貯蓄ができる人は「生活して、余った分を貯蓄」という考えではなかなか貯まらないことを知っています。順番が逆で、「あらかじめ貯金する分を取り分けておいて、余った分で生活する」のが貯蓄上手さんのやり方です。先に自分に払う。これが、お金を貯める秘訣です。

貯蓄専用の口座を作っておいて、お給料が入ったらすぐに決めておいた金額が自動的に移動するように設定しておくのがおすすめです。勤務先に財形貯蓄の制度があれば、それを利用するのもいいですね。

お金に振り回されない貯蓄上手になろう!

5つのNG行動、あなたはしていませんか?貯蓄上手さんは、周りの人や企業の思惑に流されず、真摯にお金と向き合い、ブレない自分の軸とそれに基づく判断基準を持っています。貯蓄に苦手意識がある方は、そんな貯蓄上手さんの生活から、すぐに真似できるところを見つけて、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

※当記事は2020年12月時点の税制・関係法令などに基づき記載しております。今後、税務の取扱いなどが変わる場合もございますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。

早く始めるのが断然お得!iDeCoのすべて マンガでiDeCo 無料配信中!今すぐチェック

>> 月々5,000円から!アナタに合わせた「確定拠出年金」を詳しく知る

【オススメ記事】
今さら人には聞けない「確定拠出年金」のメリット・デメリットとは?
知っているようで知らない「名目GDP」と「実質GDP」の違い
会社が倒産しても退職金を貰える方法、ご存知ですか?
高額療養費の注意点「月またぎの入院」はできるだけ避けたい理由
死ぬまでお金に困らないための「4%ルール」はこれからも通用するのか?

執筆: 株式会社ZUU