個人型確定拠出年金(iDeCo)に関する情報をお届けするサイトです

メニュー
確定拠出年金の基礎知識 / これからどうする?iDeCoの加入申込み③:申込書類を郵送してから何が起こっているのか!?

これからどうする?iDeCoの加入申込み③:申込書類を郵送してから何が起こっているのか!?

iDeCo(イデコ)の加入申し込み方法について紹介するシリーズ、前回の記事②では「勤務先への依頼方法」について説明しました。

今回は、「③書類郵送後(審査)から口座開設までの流れ」について説明いたします。

書類審査に1~2ヵ月かかる

iDeCo(イデコ)の申込みでは、書類を提出してから口座が開設されるまでに1~2ヵ月程かかります。

これは、書類審査に時間がかかるためです。

というのも、iDeCo(イデコ)は税金に関わる制度なので、何かミスがあると国民が損害を被ることになります。そのため、iDeCo(イデコ)の書類は厳密にチェックをする必要があるのです。

書類の不備に気を付けて!さらに遅延してしまうかも?

iDeCo(イデコ)の書類審査には2段階あります。

1.金融機関での書類チェック

まず、金融機関で書類の形式チェックが行われます。
問題がなければ次の審査へ移行となりますが、記入内容に不備があった場合は、通知とともに書類が返却されてしまいます。
ここで一度返却となってしまうと、iDeCo(イデコ)の口座開設までさらに時間を要してしまいます。書類の記入漏れや捺印漏れには十分注意しましょう。

2.国民年金基金連合会での加入資格の審

金融機関での形式チェックが完了すると、その書類は、iDeCo(イデコ)を管轄している「国民年金基金連合会」という団体に送られます。
ここでは、申込者がiDeCo(イデコ)の加入資格に該当しているかの審査が行われます。審査と言っても、記入ミスが無い限り審査に落ちることはほとんどないので、ご安心ください。

ここまで問題なくストレートに審査が進めば、1~2ヵ月程で口座の開設は完了となります。

※申込方法が分からない方はこちら

掛金引き落としのタイミングに注意!

書類の審査にあたり、「引き落としのタイミング」には注意しておく必要があります。

というのも、iDeCo(イデコ)への加入は「口座開設日」ではなく「申込み日」からスタートとなります。

そのため、審査に長い時間がかかった場合や申込みのタイミング次第では、申込み日から換算して、初回で2ヵ月分の掛金が引き落とされることもあります。

もし掛金引落口座の残高が不足していると、掛金の引き落としが実行されず、手数料だけ徴収されることになってしまいます。

申込みをする際には、掛金引落口座の残高にも十分注意しておきましょう。

審査が終わったら、あとは運用商品を選ぶだけ!

書類の審査に通過すると、「個人型年金加入確認通知書」「個人型年金規約」「加入者・運用指図者の手引き」などの書類や冊子が送付されてきます。

ここまで来れば、iDeCo(イデコ)の口座開設は完了です。あとはアカウントにログインして運用商品を選ぶだけです。

運用商品の選び方は次の記事で紹介しますが、運用時に損をしないためには、事前に情報を仕入れておくことがとても重要です。

審査には1~2ヵ月月程かかってしまいますが、その期間を活用して、どんな運用商品を選ぶか事前に調べておきましょう。

>>次の記事:④資産運用スタートまでの流れ

>> 【無料eBookプレゼント】知っている人だけがトクをする「iDeCo大全」

【オススメ記事】
確定拠出年金の始め方 運用開始までを簡単解説!
退職金に大きな差が出る確定拠出年金とは?
確定拠出年金、金融商品にはどのような種類があるの?
「税金を軽減」したい会社員が知っておきたい○○とは?
会社員でも税負担を減らす制度、あなたはいくつ知っていますか?

執筆: 株式会社ZUU
確定拠出年金の基礎知識 / これからどうする?iDeCoの加入申込み③:申込書類を郵送してから何が起こっているのか!?