個人型確定拠出年金(iDeCo)に関する情報をお届けするサイトです

メニュー
確定拠出年金の基礎知識 / 20代OLはiDeCoに加入した方がいい?

20代OLはiDeCoに加入した方がいい?

(写真=ESB Professional/Shutterstock.com)

少子高齢化とそれに伴う年金への不安から、老後資産の形成に有利な個人型確定拠出年金(iDeCo)に注目が集まりつつある。ただ、iDeCoにはいくつかデメリットもある。特に、若い世代の女性は、加入するにあたって慎重に検討をする必要がある。今回は、20代OLがiDeCoへの加入を検討する際に、気をつけたいポイントを紹介する。

iDeCoのデメリットをおさらい

iDeCoは、税制面で非常に優遇されていることが特徴ではあるが、自助努力で老後資金を形成していくという法令上の趣旨があるため、何点かデメリットもある。

まず、資産運用の成績次第によっては、積み立てた掛金の総額より、将来受け取る額が少なくなってしまう可能性がある点だ。そうならないためにも、iDeCoを利用するなら、リスクとは何か、資産配分をどうすればいいのかといった、最低限の投資に関する知識を学んでおく必要があるだろう。

次に、原則として60歳まで資産を引き出すことができない点がある。月々貯金できる額をすべてiDeCo中心に運用してしまうと、いざという時に使えるお金が手元に残らないことになる。不測の事態だけではなく、自分のキャリアのために転職や専門学校などを考え始めたとき、資金の面で制限が加わることにもなるので注意が必要だ。

最後に、月々に手数料がかかる点である。iDeCoの口座を開設すると、年間2,000円~7,000円程度の手数料がかかる。一般の会社員であれば、手数料より所得控除による税金軽減のメリットの方が大きいが、今後所得が大きく下がったり、そもそも所得税を払わない状況になると、手数料の負担は大きなマイナスになる。

さらに、iDeCoの手数料は、掛金の拠出をやめても払い続ける必要がある。前述したように、原則としてiDeCoの資産は60歳までは引き出せないので、途中で積み立てをやめても資産は60歳まで管理する必要がある。そのための費用がかかるのだ。

20代OLは特にイベントが多い

60歳まで急にお金が必要になる事態が起こらず、継続的に積み立てることができるならば、iDeCoは老後資産形成に最適な制度の一つともいえる。

しかし、特に20代の女性は、今後多くのライフイベントが見込まれる。例えば、結婚や出産、それに伴って仕事の量を減らす必要が生じる可能性もある。また、これは男性も同じだが、住宅ローンや子供の教育費のためのお金をためる必要も出てくるかもしれない。

もしこういったライフイベントのために、iDeCoの積み立てを途中でやめてしまうと、毎月手数料だけを払うことになる。

積み立てを継続するにしても、パートで働く場合は注意が必要だ。そもそも収入が103万円以下だと所得税がかからないので、所得税が軽減されるメリットが受けられず、手数料の分だけ運用は不利になる。

自分のライフプランと金額設定がポイント

このように、将来のライフイベントが多い方にとっては、iDeCoの加入は慎重に決めたい。ただし、iDeCoは加入期間に応じて将来一時金で受け取る際の控除額が決まるので、早く加入する方が将来かかる税金が安くなるのも事実である。

そこで、20代の女性がiDeCoに加入する際のポイントを紹介する。

まずは、iDeCoに加入する前に、急にお金が必要になる場合に備え、余裕資金を蓄えておこう。1ヵ月の生活費を半年分、できれば1年分あると安心だ。

次に、将来のライフイベントがまだ不明確なときは、少額から始めるようにしよう。iDeCoは月々5,000円から開始することができるので、退職などで収入が少なくなっても、余裕資金があれば途中で積み立てをやめることはないだろう。

その後、30代、40代となると、いくつかのライフイベントを無事に終え、その後のライフプランに必要なお金も次第にメドがつくようになる。それに従って、iDeCoにかける予算のバランスを多くしていくのがいいだろう。iDeCoでは、掛金額を年に1回変更することができるので、その時々の状況に応じて、無理のない範囲で掛金額を決定したいところだ。

まとめ

iDeCoは若いうちから加入するほどに将来有利になるが、いくつかのデメリットがあるため、特に将来多くのライフイベントを抱える若い女性にとっては、慎重に加入を検討する必要がある。企業年金のない会社員では、月々2万3,000円まで掛金をかけられるが、他の投資も含めて検討していきたい。老後だけでなく、人生のさまざまなイベントに対応できるように資産を管理していこう。

>> 月々5,000円から!アナタに合わせた「確定拠出年金」を詳しく知る

【オススメ記事】
iDeCo(イデコ)は60歳まで解約したりお金を引き出せない?
iDeCo(イデコ)を利用したら会社員でも確定申告が必要?
iDeCoの落とし穴!?運用益非課税の影に潜む「特別法人税」
iDeCo(イデコ)の資産を受け取る時、どんな控除が利用できる?
企業型DCの資産は、転職したらiDeCo(イデコ)に移換できるの?

執筆: 株式会社ZUU
確定拠出年金の基礎知識 / 20代OLはiDeCoに加入した方がいい?